至福 – 超充実の裸足お遍路8日目

裸足お遍路の記事一覧を見る

裸足お遍路の日記を最初から読む

 

こんばんは、イカ太郎です。

今日は最高の1日でした。

雨はやみ、長く続いた山の中からついに抜け、

しかも晴れ!

2つのお寺をまわりました。

今日まわったお寺はこの辺。


 

2つ目のお寺まではかなりあって、23km。

合計27kmを歩きました。

今まで最長です。

13時間。

 

疲れた〜!

 

でも今、至福でとろけてるんですよ。

 

2日ぶりにお風呂に入ったんです。

しかも洗濯もできたんです。

キレイな体になって、清潔な衣服に身を包まれ、建物の外に出てアイスを食べました。

大変な思いをしたあとお風呂に入ってアイスを食べれば、誰だって幸せになれる

そう思いました。

ビールだったらなおいいけどね。

でもこの日記を書かなきゃ。

ビール飲んだら書けなくなっちゃうので、ビールはやめておきました(笑)

 

 

この幸せを得るためにかかったお金はお風呂代500円、洗濯代200円、アイス代140円。

合計840円です。

 

お昼ご飯1食分のお金でこれほどの幸せを感じられる。

もし最近幸せを感じられてないなら、試しにアホみたいに長い距離を歩いてみませんか?

目的地は行きたい場所ならどこでもいいと思います。

出かける予定があるなら思い切って電車も車も使わず歩いてみる。

到着するまで何も食べなければなおいい。

朝出発して夜到着。そしてお風呂に入って食べるご飯を想像してみてください。

もうこの幸せだけで1週間は生きていける!

そう思えるに違いありません。

アホな提案だとお思いになるでしょうが、本気です。

幸せスイッチ、入っちゃいますよ?きっと。

 

というわけでイカ太郎の裸足お遍路6日目にご案内いたします。

はじまりはじまり〜♪

 

 

最高の朝

前日が蚊に悩まされて合計3時間しか眠れなかったですからねー。

朝まで通しで眠れる。それだけで幸せいっぱい!

そしてブログを書きました。

本当は寝る前に書き上げようと思ってたんですよ。

ところが7割くらい書いたのに全然イケてない。

良くなりそうな感じがしなかったので、スパッとあきらめて寝たのです。

正解でした。

頭が疲れていたり、眠い時は無理に何かやろうとせずに寝るべきですね。

(と言いつつ、この記事を今眠気をこらえながら書いてる。でもそろそろやめます。とっかかりだけつけておきたかった。朝取りかかるときに勢いがつくように)

そしてスッキリ目覚めたら、それなりに納得のいく日記が書けたのでした。

リリースできればそれでよし!

 

山登りスタート

昨日の日記でも書きましたが、今の僕の足の裏は満身創痍。

普段なら裸足で余裕で歩ける場所も今は痛くて歩けません。

なので、今日は一日中ワラーチを装着。

でも歩いていると脱ぎたくなるんですよ。脱いだ方が解放感があるから。

なので、

定期的にグラウンディングしていれば、脱ぎたい欲求は最低限満たされる。

グラウンディングにいい場所があった時、休憩の時にはワラーチを脱いで体内に溜まった電気を地面に流してリフレッシュしています。

山の途中にすごく雰囲気のいい遍路小屋がありました。

形といいロケーションといい、中から見える景色といい最高でした。

虫の音以外何も聞こえない場所での朝の瞑想。

なんてぜいたくなんだ!

至福の20分でした。

家の近くの公園で夜中に瞑想すると、虫の音は聞こえるけど、時々近くの道路に車が通るし、いろんなノイズも聞こえるんですよね。

この遍路小屋、素晴らしすぎる!

 

究極のミニマリストに遭遇

山を降りて田園風景広がる場所に出てきたら、前からおじさんが歩いてくる。

よく見るとお遍路さんではないか!

逆打ち。

お遍路のコースを徳島から時計回りで回るのが順打ち、反時計回りで回るのが逆打ちと呼ばれます。

たいていは順打ち経験済みの人が行うので、間違いなくお遍路に慣れた人です。

昨日の早朝にも逆打ちの人に会いました。

山に入ろうとしたら上からおじいさんが降りてくる。

バガボンドに出てくる柳生石舟斎みたい!

笑顔がめっちゃ自然!

アゴには白い立派なヒゲ、

手にはドラゴンボールの亀仙人が持っているような杖。

 

そして今朝も逆打ちの人に遭遇したわけです。

でも昨日の人とは違う雰囲気…。

なんか可愛いww

究極のミニマリスト

家はなく、持ち物は杖と2つのバッグに入っているものだけ。

これが全財産。

お金もまったく持っていないそう。

お金がなくなったら手にお皿を持って、スーパーや道端に立つそうです。

仏教用語で托鉢

スゲ〜!

 

「写真、ツイッターとかに載せてもいいですか?」って言ったら、

「いいよ。何も悪いことしてないから大丈夫」と言ってくれました。

聞いてみると、他にもお遍路だけやって暮らしている人がいるそう。

でも悪い人もいるのだそうです。

どんな悪いことをするのかは聞きませんでしたけど、なんか想像がつく。

野宿とかで会ったら気をつけよう。

 

僕の履いているワラーチに興味を示していました。

「いいなーそれ。サンダルだと地面を感じられないんだよね」と言ってました。

もし今度お遍路することがあったら2セット持って行こう。

出会ったらプレゼントするんだ。

また会いたいなー。

もっと話を聞きたかった。

 

平等寺到着

そして今日最初のお寺、平等寺に到着。

このお寺、ミニマリストよだれジュルジュルのお寺かも。

とにかく無駄がない。

柄杓も必要な数だけ。余計な装飾もなし。サイズ感も完璧。

いいでしょ?

今までゴージャスなお寺はいっぱいあってそれはそれで魅力的だったけど、このお寺がお寺としては今までで一番好きかも!

 

このお寺ではのんびりした時間を過ごしました。

昨日の雨であらゆる荷物がビショビショだったので、干させてもらった。

心地よい太陽が照っている。

一緒にソーラーパネルも出して充電もさせてもらいました。

静かな時間だったなぁ。

遍路小屋での瞑想といい、このお寺でののんびりとした時間といい、最高の日。

 

ひたすら歩いた午後

11時から6時半までひたすら歩きました。

南へ、南へ。

何度も眠気が襲ってきました。

溜まった疲れが出てきてるんでしょうね。

でも不思議なのは、眠いけど足は動くこと。

昨日は夕食は買えなかったので、食べたのは道の駅でおじさんがくれたおにぎり1個だけ。

このおにぎりだけでおとといの夜から48時間活動してる。

しかも2日合わせて50km近い距離を移動。

人間のポテンシャルってすごいですね。

 

海!

4時間半歩いてついに海に出た。

テンション上がったなー。

やっぱり僕は海が好きなんでしょうね。

でも日没まで時間がないので先を急ぐ。

が、しかし、、、

仕方ないですよ!

グラウンディングにこれ以上うってつけの場所はないじゃないですか。

5分ほどビーチで遊んで道路に戻りました。

しかし、足の裏に砂がついて歩きづらい。

と思ったらこんな場所を発見!

無料で使えるシャワールーム(しかも個室で広い)が5つもあるんですよ。

すごいですねー!

関東のビーチでもこういう場所あるのかなぁ。たいていは有料な気がする。

 

ステキな漁師町発見

さらに歩く。とにかく歩く。

夕方になったら眠くなくなり、目が冴えてきた。

そんな時、ステキな漁師町に出会いました。

場所は徳島県美波町木岐地区

こんな地形の場所です。

今までいろんな漁村や漁師町を見てきたけど、なんか違う。

漁師町独特の雑多感がない。すっきりしている。

建物もキレイで整然としている。

それだけじゃなく、ビーチもあるんです。

この辺から住んでみたいという思いがムクムクしてきた。

こんな空き家。

「少し痛んでるけど直せば住めそう」

そんなこと思ってた。

この家の前にはサーファー達の車が何台も止まってた。

でも目の前のビーチの波はとても小さいので「これじゃ波乗りできないよね?」と聞いてみたら、この奥に隠れたビーチがあってそこにいい波が来るそう。

サーフスポットまであるのかよ!

しかもそのあとは長く続くめっちゃいい感じのトレイルですよ。

たまらん!

足の裏痛いけど致し方なし。

この美波町の木岐っていう地区、本当に魅力的です。

住みたい!

 

しかしいかに木岐地区が素晴らしいといっても長居していられない。

まだ10キロも残っているのだ。

日没までに薬王寺に到着できるのか!?

 

ラストスパート

先を急いだ。

しかし木岐地区のあとも、薬王寺に着くまでいい感じの場所ばかりなんですよ。

ツイートするのに音声入力を昨日の雨のおかげで覚えたので、歩きながらツイート

昨日の雨で大変だったことが今に活きてる!

かなり疲れてきたのに、どんどん元気が出てくる。ズンズン進める。

きっとこれはほとんど食べてないから。

食べてないと夕方にすごく平和でパワフルなパワーが溢れてくるんです。なぜか。

体は疲れても精神が疲れない

それが不食のいいところ。

 

そして、、

空がキレイだー!

これは悔しかった。

広大に広がる景色を見ながら休憩できる。

波の砕ける音を聴きながら。いい場所だったなぁ。

くやし〜!

 

でもぐんぐんズンズン歩く。もう暗くなってきた。

日が沈む前にお寺に着かないと!

 

なんともない光景に見えるでしょ?

でも僕には都会に見えた。

文明との出会い。

自然もいいけど、都会もいいもんだし、僕は好きなんだなーと思いました。

 

そして、、、

 

薬王寺到着

到着と同時にどんどん暗くなっていきました。

夕闇が疲れた体に心地よかったなぁ。

すごくいい感じの高台になっていて、そこから見える景色が美しかった。

 

そうして冒頭に書いたようにお風呂に入り、洗濯をして、アイスを食べてトロけていたのです。

至福

そんな言葉が頭に浮かび、このブログのタイトルにしようと思ったのです。

 

そのあとコンビニ(ファミマ)でお弁当を食べた。

48時間ぶりのまともなご飯。

むちゃくちゃうまかった!

デザートにはあんドーナツ。激ウマ!!!

 

幸せに酔いながらファミマのイートインコーナーでブログを書き始めた。

が、しかし、、

もう頭がまったく回らない。

こんな時にがんばっても仕方がない。

というわけで至福の1日が終わったのでした。

 

明日はどんな日になるのかな。

77kmひたすら南下します。

2日は少なくともかかると思う。

楽しみです!!

 

次の日記へ 「喜びが与える生きる力 – どんどん元気になった裸足お遍路9日目」

裸足お遍路の記事一覧を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です