不食・少食実験を始めて4週間経ったので振り返ってみた

 

今日で不食やら1日1食やらを始めて4週間が経ちました。

ほぼ1ヶ月経ったので、1ヶ月の振り返りをしてみようと思います。

 

10年前、そして今回と2回行った不食実験の経緯については、こちらの記事に書いてあります。

こちらを読んでからこの記事を読んだほうが、再び不食実験をやろうと思った背景が分かるのでいいと思います。

僕と不食との出会い

 

それでは、4週間に渡ったイカ太郎の不食実験物語、はじまりはじまり〜♪

 

この記事にはこんなことが書いてあります

 

1. 10年ぶりの不食実験

不食との再会

初めての不食体験をしてから10年が経っていました。

その間不食のことを思い出したこともほとんどなく、食べない暮らしの実践もしていませんでした。

初めての不食体験はガリガリにやせ細って、「このままでは死ぬかもしれない…」と思うくらい苦しい体験だったので、「不食は卒業!」と思っていたのです。

「もう2度とやることはない」

「好きなものを思い切り食べて死ねばいい」

「不食で長生きするかもしれないけど、僕はいいや!」

そんな風に思ってました。

 

しかし、ある時amazonで買い物していたら、この本が目に入ってきたのです。

 

ドックン。

 

心臓の鼓動が早くなり、ドキドキしました。

忘れていた不食への好奇心。

 

クリックせずにいられませんでした。

「ちょっと見てみるだけだよ」

そう自分に言い聞かせてクリック。

 

本はこんな風に紹介されていました。

「食断ちで脊髄小脳変性症も克服!」あなたは信じますか?奇跡の女性鍼灸師がいることを。「人は食べなくても生きていけるのか?」その答えが今、初めて明かされる。

 

「人は食べなくても生きていけるのか?」

10年前、僕を魅了した問いが書いてあった。

僕を虜にしたこの本に書いてあった問いが。

 

僕は我慢ができない。

人間関係とかだと我慢はできるけど、好奇心に抵抗ができないタチなのです。

 

図書館に在庫がないか確認。

 

あった。

 

数日後、この本が僕の手元にやってきました。

僕は読み始めました。

 

これがめちゃくちゃ面白かった。

 

著者は脳の萎縮により、通常なら5年ほどで死んでしまう難病にかかった森美智代さん。

普通の病院に見放され、希望を求めて大阪にあった小さな病院へ行きます。

そこにいたのは西式甲田療法を提唱する甲田先生というおじいちゃん医師。

医療免許を持ったれっきとした医師でありながら、現代医療とは一線を引き、断食と生菜食・裸療法・背腹運動という民間療法的アプローチで難病患者を次々と治してきた医療界の異端児と出会います。

甲田先生のその病院で断食の日々を続けるうちに病気は治ってしまい、今では草食動物のような腸内細菌を持ち、1日青汁一杯で暮らすようになったとうお話です。

 

森さんは青汁しか飲んでいないので、ほとんどカロリーというものを取っていないのですが、青汁を一杯以上飲むとどんどん太ってしまうようなのです。

理由は腸内細菌

腸内細菌が青汁から大量のカロリーを生み出してしまう。

太らないように調整した結果、1日に青汁一杯というバランスで落ち着いたそうです。

 

牛などの草食動物は草から大量のカロリーを生み出し、あれほど大きな体を支えています。

日本における腸内細菌研究の第一人者である辨野義己(べんのよしみ)さんのこの本によれば、

 

森さんの腸内は牛のような腸内フローラが形成されていて、医療界にとってはダイヤモンドのような価値を持つ大便をお持ちのようです。

 

甲田医師が生み出した奇跡の仙人、それが森美智代さんなのです。

 

めちゃくちゃ面白くないですか?

この本から僕の人生2回目の不食の冒険が始まりました。

 

 

さらに面白い本に出会う

森美智代さんの本は本当に面白かったのですが、すぐに行動には移せませんでした。

10年前、不食体験で苦しい思いをしているだけに踏み出せず。

しかし、好奇心の火は着いてしまっています。

 

そして現代にはamazonという小悪魔がいます。

一度買った本があれば、その人が興味を持ちそうなものを提案してきます。

そしてこの本を提案してきた。

 

クリックせずにいられない僕。

 

紹介文はこんな風に書かれていました。

6年間水も飲まない弁護士、18年間1日青汁1杯の鍼灸師、不食の人体実験に自ら挑んだ思想家—-食べることをやめた3人が、それぞれの体験と考えを語り尽くした! 誰でもできる不食のコツも公開した、世界初の「不食の教科書」

 

世界初の不食の教科書!??

なんて天才的なコピーを考えやがるんだ!

読まずにいられないじゃないか!

 

再び図書館でゲット。

 

これがまためちゃくちゃ面白かった…

「不食を取り巻く環境が10年前とはだいぶ変わったなぁ」

これが読書後の僕の感想でした。

 

10年前は不食と言えば山田鷹夫さん一択だったのに、

秋山 佳胤さん、 森 美智代さんという不食者のスーパースターが日本にも現れ、

食べないことや断食のの効能が以前より世の中に浸透していることにびっくり。

 

この本を読み、秋山さんと森さんの体験を知ったことで、

それまで山田さん的不食観と10年前の不食体験しかなかった僕の不食観がグッと広がった。

 

「また試してみたい。今度は前回よりうまくできる気がする…」

 

根拠のない自信が沸き起こってきて、ウズウズしてたまりませんでした。

苦かった過去の体験に好奇心が勝ってしまった…

 

そうして10年ぶりの不食実験が始まったのです。

 

(次のページへ続く)

 




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です