食べないことのメリットを徹底的に叩き込め! – 断食を成功させるコツ

 

おはようございます、イカ太郎ですw

 

昨日アフィリエイトのこと学んでたら、Googleで検索した時の2ページ目はほぼ読まれないということが書いてありました。

確かに。

ググると大抵は1ページ目に見たいサイトが出てくるので、2ページ目を見ることはないですね。

 

それで僕のブログは1ページ目に出てくることがあるのだろうか?って思ったので調べてみたんですよ。

裸足。

全然ムリ。

瞑想。

論外。

そして最後に「不食」と入れてみた。

そしたらなんと!

ある!!

僕のブログが!

しかも上に表示されてる4つは不食界のスーパースターの記事ばかり!

 

驚きましたねー。

と同時に思いました。

ニッチなテーマならキーワード単体でも上位に行けるんだ!

そして思った。

不食実験やってよかった!

不食・少食実験を始めて4週間経ったので振り返ってみた




さて、本題。

最近よく聞かれるんですよ。

「断食ってどうやったらいいですか?」

って。

でも、食欲のコントロールって本当に難しい。

その人が断食した結果、食欲が暴走しちゃう未来を想像しちゃって、ついついこう言ってしまう。

「断食のメリットを知らないとうまくやれないよ」って。

興味があるならすぐやったほうがいいよ!とは言えない。

断食は素晴らしい体験になりうるから、断食をただの我慢大会にして欲しくないし、

断食がもたらすメリットをちゃんと享受してほしい。

なので、

「まずは断食のメリットを本できっちり学んだ方がいい」

「断食中も断食の本を読んだ方がいい。モチベーションが維持しやすいから」

そんな話をしています。

 

断食のメリットが分かれば、断食後にリバウンドする可能性も低くなると思います。

そして食欲が暴走したとしても、食べることのデメリットが頭に浮かんでくるから自然とセーブされます。

というわけで、

徹底的に食べないことのメリットを頭に叩き込む!

これが断食を成功させるためのコツです。

 

で、食べないことのメリットを学ぶ本なんですが、最近の断食ブームにあやかろうとする本がたくさん生まれてて、今は大量の書籍があふれています。

いい本ばかりとは言えない状況。

だから、どれを読んだらいいか迷っちゃうと思う。

そんな中で僕が最初の一冊としておススメしたいのはコレ!

断食の神さまと呼ばれた奇跡の医者・甲田光雄さんの治療で「偶然生まれた奇跡の人」が書いた本。

もう20年以上1日青汁1杯で生きてる人。

これを読めば「食べないと人は死ぬ」という思い込みからすこしだけ解放されると思います。

「人は食べなくても生きていけるんだ」って知るだけで、断食は相当ラクになるはずです。

 

世の中に溢れてる断食の本って、知識の羅列なんですよね。

体験ベースになってない。

だから頭の中にスーッと入ってこない。

僕は今まで15冊ほど断食や不食の本を読んできたけど、そんな印象があります。

まずは一番スーッと入ってくるやつから読んだ方がいいと思います。

 

そしてこれを読んでみて、やってみたい!と思えたなら、次の本にいけばいいと思う。

個人的にはこの辺をおススメします。

先ほどの本と同様に体験ベースのストーリー本です。

納得感がある。

 

不食ではなく、もっとマイルドに断食のことを知りたいならこれがいいと思う。

断食の神さまと呼ばれた医者の書いた本。

医者なのに医療に頼らず、病院が見放した難病を治療し続けた医療界のアンタッチャブル。

これを読んだら、医療ってなんなんだろう?クスリってなんなんだろう?って思うかもしれません。

 

食べないことは苦しみじゃありません。

現代人にとっては人間の可能性に気づく冒険の入り口って言える気がする。

この扉を開いたら、常識ってなんなんだろう?って思うし、僕らがこの社会で多くの洗脳を受けてきたことに気づくと思います。

常識なんて吹き飛ばせ!

自分の可能性を広げよう!

そんな暑苦しいメッセージで締めたいと思います。

 

じゃ今回はここまで!

またね〜♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です