雨の日の奇跡 – ワラーチが驚異的な進化を遂げた裸足お遍路17日目

裸足お遍路の記事一覧を見る

裸足お遍路の日記を最初から読む

 

 

おはようございます、イカ太郎です。

 

さきほど起きました。

今日の目覚めは5時半。

睡眠時間は5時間。

スッキリした気持ちのいい朝です。

 

今日野宿したのはこんな場所。

 

いいでしょ?

ファミマの屋外休憩所なんです。

このファミマ、こんな立派な屋外の休憩所だけでなく、中にはこんな立派なイートインスペースがあるんです。

 

すごいでしょ!?

しかも電源付き!

ファミリーマート南国下末松店さん、朝までありがとうございました!

 

しかし昨日の晩はひどかった。

雨の中歩き疲れた僕は、コンビニでの夕食後、近くの温泉に行こうと思っていたのですが、「疲れてるから風呂には行かずブログを仕上げてしまおう」と思って書き始めました。

風呂に入っちゃうと放心状態になってしまうので、ブログが書けなくなってしまうのです。

 

しかし疲れてるからなかなか頭が働かない。

とにかく終わらせることだけを考えて書き進めました。

 

そして完成。

 

時間はもう9時過ぎ。お風呂屋さんはまもなく閉店です。

いつもならブログを書き終えるのは11時過ぎ。

「今日は早く終わった!」

そう思った僕は言いました。

「そうだ!たまにはビールを飲もう!」

買ってきてプルタブを引きます。

プシュ!

外は雨。

静かな雨の音を聴きながら疲れた身体を癒すように飲みました。

しあわせ。。

タバコもうまい。

 

。。。

しかしヒマだ。。

ヒマを感じたらお腹がすいてきました。

「ピザパン食いたい!」

すでにこれほどのボリュームの夕食を済ませてました。

 

でももっと食べたい!

夜のひとりパーティのはじまりです。

ピザパンはなかったのでオニオンブレッドともっちりチョコサンドを買い、ビールをさらに一本買い、最後には納豆の3パックセットを買う始末。

歯止めがきかない!

 

読み始めた「日本でもっともアクセスを集める記事を書く男」ヨッピーさんの本がおもしろい!

 

一部上場の商社にサラリーマンとして入社したヨッピーさん、「バリバリやったるでぇ〜!」と思って入社したのに、会社のつまらんルールに次々と直面し、クソつまらんと思いながら7年間勤めた日々のこと。そんなつまらん日々を支えていたお金にならないのにやっていたオモコロへの記事の執筆。転勤が決まったと同時に会社をやめ、はじまったフリーランスライターとしての生活。はちゃめちゃやっていたらドンドン楽になっていったこと。そうして気がつけばやりたいことはほとんど仕事を通してできるようになり、会いたい人にも仕事を通して誰とでも会えるようになってしまった今。そんなことが書いてありました。

これからの僕の生き方に通じるものがありました。

だからビールを飲んでいても集中してた。

僕は意外にも真剣に生きているのかもしれません。

 

でもビール飲んでたので、気がついたら手に持っていたkindleはポロリと手から落ち、ベンチで寝てました。

テーブルの上にはiPhoneを置いたまま。

あぶない、ここで寝たらiPhoneとkindleを盗まれてしまう。

本はもっと読みたかったけど、これ以上は眠くてムリ。寝よう。

夜のひとりパーティは12時過ぎに終わりました。

 

しかしこのバカ喰いはいったいなんだったのだろう?

雨の中ワラーチが滑ってずっと気にしながら歩いたことで疲れた。

たしかにそれもあるだろう。

でもそれだけとは思えない。

なにか大きなストレスが裏に潜んでる。

そんなことを思ってたんだけど、今分かりました。

僕が僕に伝えてきた。

 

このお遍路を裸足お遍路と命名し、基本ルールを決めて、何度かルールを破りながらも「ちゃんとしよう」と思ってきたこの17日間、僕はずっと僕をいじめていたのかもしれない。

人の目を気にする自分はまだ残っていたのだ。

「人の目があるからちゃんとしよう」という卑小な気持ちがまだまだあったのだ。

 

旅が過酷であることはいい。

直面した喜びが何倍にもなるから。

でも自分を取り繕うのはやめよう。

結局そのツケは自分で払うことになる。

 

これからは僕のダメな面をもっともっと出していきたいと思います。

ちゃんとした人間を見たくて今まで読んでくれていた人には申し訳ない。

でも僕はこういう人間です。

ダメな一面、弱い一面が死ぬほどあるんです。

って分かってる人は分かってるか。

それならなおさら取り繕う必要はないや。

 

そんなことを思った18日目の朝なのでした。

 

さて、冒頭はここで終わり。

本編に入りましょう。

 

イカ太郎の裸足お遍路17日目、はじまりはじまり〜♪

 

ワラーチが滑る!

昨日は大変な1日でした。

朝から雨。

前日にゴアテックスの新しい雨具を買ったから、雨で濡れて大変ていうわけじゃなかったんだけど、雨だとワラーチが滑るんですよ。

足の裏とソールの間が滑る!

 

ここが滑るとワラーチがグラグラするからヒモが擦れるんですよね。

ヒモが擦れると摩擦の高い部分が長く歩くと痛くなってくる。

右足は靴擦れならぬワラーチ擦れで痛み、

左足は穴の場所が悪いのか、進行方向に対してまっすぐに向いてくれない。

こうなる。

すごく歩きづらい。

 

2日前にヒモの通し方を変えたワラーチ。

 

雨が降ったことによって欠陥が露呈したわけです。

 

親指と人差し指の間の痛みに堪えて歩いている間、ずっとどんな風に修正したらいいのか考えてました。

ヒモのテンションの調整が必要なのか?

そう思ってテンションを調整してみるがうまくいかない。

そうなると考えられる原因はひとつしかない。

穴の位置が悪い。

穴を開け直さなければダメだ。

 

しかしここは家ではない。

穴あけポンチもハンマーもない。

どうしよう…。

 

この日はこんな場所を歩いていました。

 

大日寺に向かう3分の1くらいのところから痛み始め、3分の2くらいまで来た時にはかなり痛くなってた。

本当は大日寺の手前にガストがあることが分かっていたので、そこで雨をしのぎながらブログを書いてしまおうと思っていたのですが、予定を変更することにしました。

ホームセンターに行こう!

もしかしたら工具を貸してくれるサービスがあるかもしれないし、ダメでも必要なものを買って直せばいい。

 

ika3DALs誕生

ホームセンター

ホームセンターに着きました。

けっこう立派なホームセンターです。

DIYに必要なものはかなり揃ってる。

 

これでこの痛みと歩きづらさから解放される!

そんな希望を持ってまずは店員さんに尋ねました。

「工具の貸し出しはやっていますか?」

「すいません、そういったことはやってないんですよ」

残念。

それなら穴あけポンチを買って何か硬いものを見つけて穴を開ければいい。

 

しかし、棚に行ってビックリ!

100円ショップだったら100円で買える穴あけポンチ。

それが800円近くするのです。

しばらく悩みましたが買うのをやめました。

どうせすぐに捨てるざるを得ないかもしれないもの。

100円で買えるものを800円で買う気にはなれない。

そのうち100円ショップがあるかもしれない。

そこまで我慢するしかない。

お店をあとにしました。

 

マクドナルド

ホームセンターのすぐそばにマクドナルドがありました。

「ありがたい!」

「あそこでブログを書こう!」

マクドナルドに入り、コーヒーを買いました。

ちゃっかりチキンナゲットも買いました。

精神的なストレスは食で解消。

 

2時間ほどマクドナルドで過ごしました。

それなりにブログも進んだ。

でも雨は止む気配なし。

天気情報を見てみると今日は一日中雨の予報。

ブログを書くのも疲れてきたので、次なるお寺、大日寺に向かうことにしました。

マップ情報によると大日寺の次のお寺、国分寺の手前に温泉があるらしい。

大日寺からは約7km。

頑張ればなんとかなる。

 

ダイソーを発見!

マクドナルドをあとにして5分くらい歩いた場所に大きなショッピングモールがありました。

そこでなんとダイソーの看板を発見!

 

ホームセンターで穴あけポンチを買えなかったあと、ダイソーの位置をグーグルマップで検索していたのですが、それには出てこなかった。

出てきたのはかなり離れた場所。

歩きでいくには大変すぎる。

そう思って諦めていたのです。

 

ラッキーだ!ついてるぞ!

 

品揃えのいいダイソーだったので、ちゃんと穴あけポンチはありました。

 

ショッピングモール内のフードコートへ移動。

ワラーチの修正開始です。

 

修正案はこんな感じでした。

 

そして完成したのがこちら。

 

びっくりするくらい安定していました。

これなら走ることだって可能かも!

早く歩いてみたい!

店内を歩き始めると安定感は確信に変わりました。

これはいける!

左足が進行方向とまっすぐじゃない問題は修正できていませんでしたが、それはそのうち直せばいい。

 

店を出ようとすると、店内にこんな展示物が。

調子に乗った僕はこんなツイートをしました。

 

ika3DALsの誕生です。

 

命名

変わった名前だとお思いの人もいると思うので、名前の由来について説明しておきます。

実はワラーチでは有名なスタイルがあるのです。

man3DALs

 

日本人のmanさん(@man10000)という裸足ランニングの世界では有名な方が長年試行錯誤して到達した形なのです。

裸足に限りなく近い形で羽のように走ることができるサンダル。

それがman3DALs。

僕はおこがましくもそこから名前を拝借してika3DALsと命名しました。

man3DALsとは全く違うフォルム。

 

たいていはこのman3DALsをリスペクトしてワラーチを作るのが本流なのですが、一度は僕も作ったものの、「自分独自の道を行きたい」と思った僕は、ずっと自分のワラーチを改良しつづけてきました。

でもなかなかうまくいかない。

manさんがman3DALsにたどり着くまでどれほどの試行錯誤を続けてきたのかを実感しました。

これまで僕は自分の作ったワラーチをイカーチと名付けてツイッターでも発信していたのですが、どこまで行ってもman3DALsの影響を強く受けた形だったのでika3DALsとは名乗れなかったのです。

 

でも先日の変更により、まったくコンセプトの違うワラーチになった。

異様なシンプルさ。

足首周りにヒモがなく、より解放的な気持ちを味わえる。

でもとても不安定で他の人に使ってもらうには申し訳ないような代物だった。

 

でも今度のは違う。

完成に近い。

完成かもしれない。

誰でも簡単に作れて(フィットさせるためのチューニングは難しいけど)、しかもちゃんと使える。

着脱も簡単。

思い切り走るわけじゃなければ走ることもできる。

それでこれはika3DALsと命名してもいいはずだ!

そう思ったのです。

 

28番・大日寺

大日寺までの道のりは雨にもかかわらず楽しくて仕方ありませんでした。

ワラーチと足の裏の間のスリップはかなり軽減され、指の間の痛みもありませんでした。

 

新しいものを生み出せた喜びに包まれていました。

 

 

 

左のワラーチのズレ

次の目的地は温泉。

1日ぶりのお風呂です。楽しみ。

しかし、このあと再びワラーチの問題を感じはじめます。

左足のワラーチがまっすぐにならない問題。

これです。

ワラーチを修正してから大日寺に到着するまではわずか2kmだったので、浮かれた気持ちも手伝って気にならなかったのですが、一つ問題が解決すると残りの問題が非常に気になってきたのです。

ワラーチが横にスリップするので、1歩ごとについ左足の位置を直そうとしてしまいます。

 

これが非常にストレスだった。

右足はまっすぐに前に進めるのに、左足は進めない。一歩ごとに調整。

非常に面倒だし歩きづらかった。

 

あまりに面倒なので、裸足になります。

 

路面も熱くないので、最初は快適に進んでいたのですが、すぐに荒れた路面になり痛くなりはじめます。

ストレスが非常に溜まったのか、もう温泉がすぐ近くだというのに、なにかを食べずにいられませんでした。

コンビニへ直行。

昨日からはじめた食事内容の変更は考慮しつつ、買った食料を貪り食いました。

 

お腹がいっぱいになった僕はお風呂に行こうと思いましたが、ブログを書かなきゃいけない。

この疲れた状態でお風呂に入ったら放心状態になってブログが書けない。

それで結局風呂には行かずブログを書き、冒頭に話した夜の一人バカ食いビールパーティへ突入した。

そんな1日だったのでした。

 

けっこう感動的な日だったのに、最後がよくなかったなー。

ま、そんな日もあるよね。

 

次の日記を読む 「お遍路の可能性 – 人との出会いが続いた裸足お遍路18・19日目」

裸足お遍路の記事一覧を見る