足裏のほどよい刺激がたまらない!土踏まずのコリがひどくなったらこれでマッサージだ!

 

 

イカ太郎

こんにちは、裸足ランナー歴5年のイカ太郎です!

 

・・・といいつつもここ4ヶ月、まったく走っていませんでした。

しかし、半年前にノリでウルトラマラソン100kmにエントリーしてしまい、

全然準備してないのに大会まで残り2ヶ月に…。

 

「ヤバい!」

と思ったので、

「まずは100km走ってみるか!」

と思い、こんなことを企画しました。

 

 

そして決行!

 

したものの・・・

 

 

ヘロヘロになりながら帰宅。

ヘタレすぎる・・・

 

翌日にやってきたのは強烈な身体の痛み足の裏のコリでした。

 

今日はこのコリをほぐすためにいろいろやった結果、

筋膜リリースローラーが素晴らしく気持ちよかったのでご紹介したいと思います!

 

56km走ったあとの強烈な土踏まずのコリ

 

足の裏の痛みで特にひどかったのは土踏まずでした。

土踏まずにはアーチがあります。

 

足は26個の骨でアーチを構成していますが、

アーチは立ったり、歩いたり、走ったりするときにこんな役割をしてくれているのです。

・衝撃の吸収

・身体を安定させる

・デコボコした路面に対応

 

ずっと走っていなかったために弱ってしまった僕の足の裏のアーチは、

56kmの間絶え間なく続いた衝撃に耐えられなかったのでしょう。

 

ひたすら手でマッサージ

最初はひたすらマッサージしました。

コリを見つけてはギュ〜。。。

脳にまで突き上げるようなイタ心地よい感覚。

さすがは全身のツボが集まる足の裏。

第二の心臓と言われるだけあります。

 

 

1時間くらい夢中で揉んでいました。

やればやるほど楽になっていくような感覚がたまらずやめられませんでした。

 

筋膜リリースローラーの存在に気づく

1時間ほど経って、「少し楽になったなぁ〜」と思った時、

ふと壁のそばに置いてあったこれに気が付きました。

 

 

「もしかして、これ、今の状況にめちゃくちゃいいのでは!」

 

こいつの名前はTRIGGERPOINT(トリガーポイント)

筋膜リリースローラーです。

 

筋膜リリースの仕組み

筋肉は筋膜という組織に包まれています。

3層構造になっていて、

・一本の筋繊維を包む筋内膜

・筋繊維の束を包む筋周膜

・筋肉全体を包む筋外膜

で構成されているのですが、

 

この筋膜が

・水分の不足

・疲労

・長時間同じ姿勢

などによって固くなると、

筋肉同士がスムーズに動かなくなり、コリや痛みを生むそうなのです。

 

この筋膜のコリや痛みを解除する(リリース)する、

それが筋膜リリースなのです。

 

座って使うより立って使うほうがよかった

手によるマッサージから筋膜リリースローラーへの切り替えは大正解でした。

 

 

手のマッサージ

ピンポイント狙いではとても気持ちいいし効果的なのですが、

時間がかかるし、手が疲れるというデメリットもあります。

 

対して

筋膜リリースローラーは、

ピンポイントで攻めることはできないものの、

コロコロするだけなので楽チン!なうえに

筋膜リリースもしてくれる

つまり、効率的に疲労を除去しててくれるのです。

 

利用ガイドではこんな写真がついているので

今までは座って使っていたのですが、

「おぉ!きもちいい!」

「もっと強く、もっともっと!」

とやっていたら気がつけば立っていました。

 

 

なので、

刺激が欲しい人は立ってやったほうがいいと思います。

 

健康竹踏みからの進化の歴史

 

「足の裏を刺激すると身体の疲れが取れる」

 

このことは古くから分かっていました。

 

しかし裸足で砂利道を歩いてもなかなか土踏まずには到達しないですし、

疲れて帰ってきたのに外に出るのもめんどくさい。。

 

なので、昔の人は竹を切って輪切りにし、

健康竹踏みを作り出したわけです。

 

 

昔は竹だったものがこんなものに進化し、

 

さらには温泉などでよく見かける

こんな物や、

 

こんな物になった挙げ句、

 

筋膜リリースという身体の仕組みの発見の結果、

こうなったわけです。

 

硬さ2倍の筋膜リリースローラーもある

ちなみに僕はこのオレンジのタイプを持っているのですが、

実は黒のタイプがあったみたいです。

 

 硬さがオレンジの2倍!刺激アップ!

値段も1000円くらい高いです。

 

オレンジは指で押すとグッと凹みます。

なので、刺激がマイルド。

きっとブラックはもっとカチカチなのだと思います。

強い刺激が好みの人はブラックを選びましょう。

 

おわりに

ウルトラマラソン100kmまであと1ヶ月しかありません。

数日に1回はかなりハードに走らないと調整できそうにありません。

 

ハードに走れば当然カラダのダメージも大きくなります。

ハードな練習を何度もやるためには

早く疲労を回復させなければならない。

 

今回この記事を書くにあたり、TRIGGERPOINTの別の商品を見てめちゃくちゃ欲しくなりました。

それがこれ。

 

足の裏だけでなく、全身の筋膜をリリースできちゃうやつ。

 

もちろん硬さ2倍のブラックもあります。

 

がしかし!

今の僕には値段が高すぎる!

 

というわけでamazonオススメの類似品であるこれを注文しました。

 

こいつを使って、

走る

早く回復させる

走る

というサイクルに持っていって、

無謀な挑戦であるウルトラマラソン100kmに挑みたいと思います! 

 

完走したいっ!