【ウツの一歩手前?】無気力状態から早く脱出するためにやるべき3つのこと

 

 

イカ太郎

こんにちは、イカ太郎です

 

昨日のお昼くらいから先ほどまで強烈な無気力状態に襲われておりました。

 

「ブログ書かなきゃ!」

 

と思うのだけど、全然その気にならない。

その気にならないからアイデアも湧いてこない。

 

焦る・・・

 

 

無気力状態は実はかなり

要はがんばり過ぎ。

なので、対処方法を間違えるとうつ状態に突入します。

 

うつ状態にならないためにやるべきことは以下の3つです。

1. 「やらなきゃ!」という気持ちを捨てる

 

2. 「悪い状態はずっとは続かない」と認識する

 

3. 「無気力でもできること」をやる

 

今はもう無気力状態から脱出し、このブログを書いているのですが、

脱出までにかかった時間は30時間ほどでした。

悪化させずに早く脱出できたと思います。

 

今日は頑張りすぎて無気力になっちゃった時に

く脱出するための方法を皆さんにお伝えしますね!

 

なんで無気力状態になったのか?

そもそも「なんでそんなことになったのか?」ということなんですが、

8月にブログ頑張りすぎちゃったからだと思うんですよね。

 

5月からサイト制作の仕事でいっぱいいっぱい。

全然ブログが書けなかったんですが、

7月末でサイト制作の仕事が終了し、

数カ月は働かなくてもいいくらいのお金ができたので、

ブログに注力し始めたわけです。

 

8月は目標だった月間1万PV(ブログの記事を月に1万回見てもらうこと)ギリギリ達成できたんです。

 

「やった!達成した!」

と喜んだのもつかの間、

数日たったら無気力状態がやってきたわけです。

 

1年間、子育てしながら、生活費ギリギリでやってきて、ちょっとホッとしちゃったんでしょうね。

「次は10万PVだ!」

と思う自分もいるのだけど、気持ちが前を向けない、そんな状態。

 

少しの休息が必要だったのだと思います。

 

無気力になった時にやるべき3つのこと

がんばりが効かなくなる瞬間やってきます。

それが昨日のお昼前でした。

 

何かイベントがあれば書いてきたブログ、

無気力になる前日も書きたい出来事があったんです。

新しく立ち上げたツイキャス生配信の初回放送。

 

必死に準備して、それなりの人が見に来てくれたから、

「書かなきゃ!」

と思う。

 

でも全然書けないのです。。

 

「やらなきゃ!」という気持ちを捨てる

エネルギーが出てこない時に理をすること一番危険です。

水の入っていないお風呂を空焚きするようなもの。

空焚きし続ければ給湯システムがぶっ壊れます。

 

ぶっ壊れないためにはを止めるしかないんですよね。

 

✔︎ やらなきゃ!という気持ちを捨てる

これが最初にやるべきことです。

 

「悪い状態はずっとは続かない」と認識する

「やらなきゃ!」と思うのに何もしないでいることします。

頑張りグセがついている人にとってはかなりの苦行。

焦るから、どんどん悪い想像を膨らませてしまう。

 

 

でも、冷静になって考えてみると、

これまでの人生、

い状態ずっと続いたことなんて一度もないんです。

 

✔︎ 「この状態はずっとは続かない。今だけのことだ」思い出すこと

これが2番目にやるべきことです。

 

「無気力でもやれること」をやる

・無理に頑張り続けることはやめた

 

・この悪い状態がずっと続くことはないと気づいた

 

ここまできたら、あとは

っぽになったお風呂に水を溜めるだけ。

 

「やりたい!」と思えることがあればやればいい。

映画を観るのが好きなら見ればいいし、

漫画を読むのが好きなら読めばいい。

 

水が溜まるのをとにかく待つ

がんばらない時間をちゃんと取れば水は自然と溜まります。

 

もね、、

無気力な時って、好きなこと・やりたいことさえ思いつかないくらい無気力になることがあるから恐ろしいんですよね。

この状態をこじらせるとウツまっしぐら

 

 

僕の場合ありがちなのが、

これ以外何もしたくない、、

という状態。

 

ある程度は仕方ないと思うんです。

寝たい!というのもやりたいことの一つだから。

でも継続するとヤバい。。

がんばらなくてもできることを何かやっていた方が深みにはまらずに済みます。

 

今回僕がやっていたのはこんなことでした。

まずはずっとやりたいと思っていたウクレレの練習

 

 

初日4時間、翌日2時間とかやってましたね。

没頭していた間は無気力のツラさを忘れられました。

 

家族が家に帰ってくるとウクレレの練習はできません。

子供が張り付いてきちゃうから。

「パパ!遊んで!」

 

でも無気力なので子供とがんばって遊ぶことはできません。

会話がキツイ。。

 

なので作業に没頭できる系の遊びをしました。

 

 

最初は折り紙

作り方を見ながらひたすら作業する感覚が癒やされました。

 

そして、、

 

 

保育園でお願いされていた運動会用の絵の宿題

これを黙々と進める。

 

そして完成 !

これを描き終えた時、妙な成感がありました。

そして、、

無気力状態から抜けることができたのです!

 

この一連のことでわかったのですが、

無気力状態の時にやるべきこと、

「がんばらなくてもできること」はこういうものが良さそうです。

・時間をかけて黙々とやる作業

 

・頭を使わなくてもできる作業

 

これを最後までやりきること。

これが大切。

 

やりきることで、

達成感が生まれ、

それが小さな成功体験になり、

自己肯定感が高まる、、

 

その結果、

無気力状態から抜け出ることができる

 

こういうことなのです。

 

おわりに

無気力状態が始まった時は絶望的な気持ちでいました。

「この状態から抜けられる気がしない… 」

 

でも実際抜け出してみて思うのは、

「絶望的に感じる状態から抜け出すのはそんなに大変じゃないんだな」ってこと。

 

・がんばるのをやめ、

 

・絶望的な状態はそのうち終わると悟り、

 

・がんばらずにできる作業を黙々とやる。

これでウツにならずに済む。

 

これから先

「あ、ヤバい。。これ、ウツの一歩手前だ」

と思ったらこのブログを読み返そうと思います。

 

きっとまた抜け出せる。

長くはない期間で。