週末フリーランス養成講座で学んだこと

 

濃密な2日間でした。

自然ゆたかな素晴らしい環境、素晴らしい人たちとの出会い、素晴らしい学びの時間。

 

「今さらブロガーなんて…」って思ってる人も多いんじゃないでしょうか?

アフィリエイトと欲まみれの世界。

そんな風に想像している人もいるかもしれません。

僕は多かれ少なかれそう思っていたんですが、少なくとも「フリーランスの聖地」金谷にあるコミュニティ・まるもはそうではありませんでした。

愛に満ちた世界でした。

 

この写真から何を感じますか?

コワーキングスペース住民はしばしば旅に出ます。

その時のお見送りの一枚。

 

去年足を踏み入れた裸足のコミュニティは愛の世界でした。

ブログの世界も同じように愛の世界でした。

この世を悲観的に見る必要はない。愛に満ちた世界はいたるところにある。

今ぼくはそう確信している。

 

 

週末フリーランス養成講座とは

週末フリーランス養成講座はコワーキングスペースまるもで不定期で週末に開催されている有料の講座です。

料金は今回15000円。

 

もともとここでは1ヶ月の合宿コース「田舎フリーランス養成講座」、略して「いなフリ」をやっています。

しかし1ヶ月も時間が取れない人や、週末しか時間が空いてない人たちもいるので週末だけのコースを開くようになったそうです。

 

今回のテーマは「ブログのブランディング」

講師はこちらの2人。

やぎぺーさん

www.jimpei.net

 

池ちゃん

ikechan0201.com

2人ともしっかりとしたファンの読者を獲得しているプロのスーパーブロガーです。

歳は若いが、人柄、雰囲気ともに成熟している素敵な人たち。

 

2日間という短い間だったけど、とても信頼できる素晴らしい講師でした。

講師だけど、講師じゃない。

ブログのことを愛するひとりの人間として受講者と同じ目線で話してくれます。

 

この2日間で学んだこと

講義からはこんなことを学びました。

  • ブログをやる上で押さえておくべき基本的なこと
  • アフィリエイトとはどういうものか
  • いい記事を書くための基本的な方法

中身を全部を書くことはできませんが、自分なりに咀嚼し理解した大切な部分だけおすそ分けしたいと思います。

ブログ名は印象的であるほうがいいが、奇をてらう必要はない

奇をてらう必要はないと講師の2人が言っていたのが印象的でした。

ブログ名目立とう目立とうと考える必要はない。

自分のセンス以上のものは出ない。

だから背伸びする必要も奇をてらう必要もないのだと。

しっかり考えて、これだ!と思った名前を付ける。

「もし違うと思ったらしっくりくるまで変えればいい」

記事のタイトルはものすごく大事

僕は長らくアプリを作ってきたので、ブログのタイトルってアプリのアイコンみたいだと思いました。

人に見てもらうためのもっとも大切な要素。

 

書籍の表紙と言い換えてもいいでしょうね。

 

検索すると大量の記事が出てきます。

その大量にならぶ記事タイトルの中から興味を引かれたものをクリックする。

クリックされない限り中身を見てもらえることはありません。

どんなにいいものを作ってもタイトルが検索者の琴線に引っかからないと読んでもらえない。

だからタイトルはしっかり考えて決める必要があるのです。

テクニックとして教わったこと

記事の内容をキーワードにし、検索してみて社会のニーズを知る

ということを教わりました。

ブログをやる上で大切なのは検索する人が何を求めているかを知ること。

これができれば自然と良いタイトルと内容を書けるようになるそうです。

プロフィールは読者との信頼を築くためのもの

「誰が書いているか」は読者が読むかどうかを決める上で大切だということでした。

胡散臭いプロフィールだったら読みたいと思わないし、プロフィールに根拠がない場合も読みたいと思わない。

逆にプロフィールに信憑性があり、安心できる要素があれば、読んでみたいと思う。

「発信者として知名度が高ければ信用が上がるのはもちろんだけど、知名度が無くても書き方次第で信用を上げることはできるよ」

顔出しは覚悟の表れ

「顔出しをした方がいいよ」って言っていたのが印象的でした。

ブログは自分をさらけ出している人の記事のほうが面白いし、

顔出しをしているということは自分を表現する上での覚悟がある証拠とも言えるのです。

 

移住しようと思った

金谷の環境にいきなり惚れました。

海があり、すぐそばに鋸山という素晴らしいハイキングコースがあります。

 

バイクロードバイク、登山、釣りを楽しむために多くの人が都内から来ていました。

街は小さく、漁師町特有のラフさがあって、背伸びをして生きる必要がありません。

今住んでいる横浜へもフェリーに乗って東京湾を渡ればそんなに長くない時間でいけるのです。

 

2日目の朝、奥さんに金谷の写真を送りました。

「ここに引っ越したい」

意外にも奥さんは「いいんじゃない?」と乗り気になってくれました。

もしかしたらここで奥さんと子供と3人で新しい暮らしが始められるかもしれない。

そう思ったら嬉しくてたまらなくなりました。

 

またすぐにお邪魔します

濃密な2日間でした。幸せな2日間でした。

こんな機会と場所を作ってくれた田舎開拓者・池ちゃんとスタッフのマルちゃん、講師のヤギペーさん、そして一緒に素晴らしい時間を過ごしてくれた受講生のみんなにに感謝の気持ちを伝えたいです。

ありがとう。

また近々お邪魔します。