ワラーチのかかとのヒモをミサンガにしたら安定感がアップしたよ!

イカ太郎

こんにちは、イカ太郎です

ナスDの大冒険」って知ってますか?

テレビ東京のハチャメチャディレクター「ナスD」がアマゾンや無人島で無茶しまくるYouTubeチャンネルです。

ここ数日、夢中で見ていました。

 

この動画の中でナスDが腕にミサンガをつけているのですが、これ、普通のヒモで作ってるのかと思いきや意外にもパラコードで作ったものだったんですよ。

毎日ワラーチを履き、パラコードに毎日触れている者としては作ってみるしかないですよね。

で、作ってみたんです。

しかしミサンガを腕につけるとすごい邪魔でした。

いざというときロープになるかもしれないけど、それが腕についているとうっとおしくてたまらない。

 

でも

ワラーチのヒモっていつ切れるか分からないんです。

スペアを持っておくのは大切。

もしワラーチにスペアヒモが一体化してれば、外出先で突然切れてヒモがなくても大丈夫ですよね。

イカ太郎

以前外出先で切れたことがありました。スペアがなかったのでずっと裸足で歩くことに。
イカ太郎的には問題ないけど、一緒にいる人がかわいそうだよな。

ポチャナンダ

さっそくつけてみました。まずは指の間に。

もしこの作戦がうまくいけば、交換ヒモも今まで以上に少なくできます。

しかし、、、全然ダメでした。

履き心地を大きく損なっていました。

しょうがないので元に戻す僕。

 

でも翌日ひらめきました。

イカ太郎

もしかして、かかとに適用すればいいんじゃないの??

そうして完成したのがこれ。

重そうに見えるでしょ?

ところがですよ。

全然重くないどころか、1本ヒモのときより履き心地が大幅アップしてたんです!

  • ヒモの存在を感じないソフトな肌触り
  • 今までよりはるかに高い安定感
  • ワラーチの着脱が簡単に

イカ太郎

特に安定感がすごい!

これはもう驚きの結果だったので、作り方をお伝えします!

ワラーチのかかとのヒモをミサンガにする方法

これが完成形。

ここまでの流れはこのようになります。

  1. 長さを決める
  2. ヒモを用意する
  3. 編む
  4. 足の甲のヒモに接続する

すでにイカ太郎のシンプルワラーチが完成していることが前提です↓

イカ太郎

じゃいってみよー!

1.ミサンガの長さを決める

まずはミサンガの長さを決めます。

かかとのヒモを外す前に目印をつけましょう。

そしたらかかとのヒモを外して印から印までの長さを測ります。

イカ太郎

僕の場合は20センチでした。

この長さより2〜3センチ短めに作るとちょうどいいです。

長すぎるよりは短いほうがいいよ!

ポチャナンダ

2.編むためのパラコードを用意する

長さが決まったらパラコードを用意しましょう。

僕の場合は最終的な長さは18センチ。

用意したヒモは220センチでした。

1センチ当たり12センチあれば必ず足りるね。

ポチャナンダ

15センチが完成形なら1.8メートル必要ということじゃ。

デブッダ

 

1色で作ってもいいのですが、2色で作ることも可能です。

その場合は半分の長さで2本用意しましょう。

イカ太郎

今から僕は2色で作ろうと思うので、1.1メートルのパラコードを2本用意します。

2色の場合は端っこをライターであぶって1本に連結させます。

3.編む

ここからはYouTube動画を見たほうがわかりやすいので、分からない部分があったら見てみてください。

 

4.足の甲のヒモに連結

最後に足の甲のヒモと連結させれば完成です!

1本ヒモのときの感覚と比べたらビックリすると思います。

ぜひお試しあれ!

注意点がひとつ

使いはじめて5日ほど経ったんですが、梅雨なのもあり、雨の日に何度か履きました。

基本的に雨に濡れるとパラコードは伸びます。

そのためヒモのテンションがブカブカになってしまうのです。

もし完璧を目指すなら、完成したら一度水に濡らして履きましょう。

雨の日にウキウキで履いたのにブカブカになってしまって、雨の中ヒモのテンションを調整することを避けられます。

おわりに

実はナスDの動画を見てたのはやる気が出なかったから。

全然ブログを書ける気がしなかったんですよね。

開き直って徹底的にサボる日にしようと思ったんです。

そしたらこれですよ。

 

ナスDがパラコードからミサンガを作れることを教えてくれたこと。

暇だから作ってみたこと。

それがパラコードミサンガをワラーチに転用するアイデアに結びつき、今回のこの記事になりました。

 

サボるってあながち悪いことでもないですね。

前に進めないときは横に進んでみる。

それが突破口になることもあるんです。

YouTube動画も作りました。

作り方をよりイメージしやすくなると思うので参考にしてみてください。