冬は仙骨を冷やすな!!敷き布団を敷かずに全裸で寝てたらえらいことになった話

 

「平床寝台健康法」という健康法を裸足ランナーの知人に教わってから敷き布団を敷かずに硬い床の上で寝ていました。

 

通称「板寝」っていうやつで、

  • 背骨、骨盤の歪みが矯正される
  • 呼吸が楽になる
  • 寝起きがスッキリする

などのメリットがあるのです。

 

夏の間は涼しくて快適。

秋はフィリピンに行っていたのでベッドで寝ていましたが、帰国したら冬になっていました。

しかし冬なのに板寝を継続していたらとんでもないことになりました。

恐ろしいほどの冷え性を発症し、風邪がまったく治らない…

悪寒が止まらずガタガタ震える日々を送ることになったのです。

 

「さすがにこれは敷ふとんを敷いてないからだな」

そう思った僕は布団を敷いて寝るようになったのですが、その後も悪寒は止まりません。

しかしある偶然のきっかけで突発的に起こった冷え性が治ったのです。

 

今回はそんな偶然の発見についてお話したいと思います。

 

結論から先に言うと仙骨を温めること。どうしても冬も板寝をしたいなら桐の木でできた平床寝台を用意することじゃ

デブッダ

板寝と素肌寝

板寝のメリット

今年の春に裸足ランニング仲間から

裸足ラン仲間

板寝と素肌寝やってみなよ。体のコリが取れるし、よく眠れるよ

と言われ、面白そうなことはなんでも試してみる僕はすぐに始めました。

畳の上に麻のシーツを敷いて、

裸で寝る。

 

板寝のメリットはこのようなものです。

1. 胸郭を広げるので呼吸しやすい
2. 腎臓が圧迫されない
3. 床が硬いことで皮膚に刺激を与え、血液循環をよくする
4. アトピーや喘息が改善される(板ではダニが繁殖しないため)
5. 全身の筋肉が弛緩し、リラックスできる
6. すっきりとした目覚めが得られる

引用:【平床寝台まとめ】効果あるの?!平たい板で寝る健康法!【マジ修行】

素肌寝のメリット

対して素肌寝のメリットはこのようなもの。

1. 寝つきがよくなった
2. 熟睡ができる
3. 風邪をひかなくなった
4. 便秘や下痢が治った
5. 冷え症が改善した
6. 腰痛がなくなった
7. 肩凝りがなくなった
8. 疲れが残らないようになった
9. 慢性の腹痛が治った
10. 生理痛が治った
11. 婦人病全般、更年期障害が改善した
12. 水虫や痔、子供のおねしょが治った

引用:裸で寝る健康法の効果は?自分の体験からお話しします

板寝と似ているところがありますよね。

板寝と素肌寝をやってみて驚いたこと

実際にやってみて驚いたことがありました。

それは、

裸で寝る方がパジャマで寝るよりも体がポカポカする♨

信じられないですよね?

常識で考えたら「パジャマを着たほうが裸で寝るより温かい」はずですから。

 

でも事実は逆なんです。

畳の上にシーツだけ敷いて裸で寝て、いつもと同じ羽毛布団をかけて寝たら、、、

イカ太郎

汗だくなんですけど…

信じられませんでした。

 

僕は普段裸足で歩いているので、

知人

ガラス踏んだらケガするんじゃないの?

って言われますが、実際にガラスを踏んで怪我したことは4年間で一度もありません。

これは実際にやってみないとわからないこと。

それと同じようなことを素肌寝で体験したのです。

仙骨を温めることの大切さに気づくまで

ここからは僕が板寝を冬になっても継続し、ひどい目に会う話です。

フィリピンから戻ったら日本は冬だった

春から夏にかけて板寝と素肌寝を堪能した僕は、9月から10月にかけて僕は四国にお遍路に行きました。

関連:イカ太郎の裸足お遍路 記事一覧

 

そして11月はフィリピンに行って帰国。

関連:イカ太郎のセブ物語 一覧

 

日本はすっかり冬になっていました。

飛行機の乗り継ぎでよった韓国ソウルの写真

帰国前日から風邪を引く

フィリピンを出国する日の朝、起きるとノドが痛くなってました。

エアコンのせいで風邪をひいたのです。

時間が経つにつれてどんどん悪化。

鼻水は出るわ、関節は痛くなるわ、頭は痛くなるわ、けっこう本格的な風邪となりました。

結局まるまる2日寝込みました。

なかなか治らない

3日目になっても治りません。

こんなに長い風邪、この数年経験したことがありません。

イカ太郎

どうしてこんなに自然治癒力が落ちているのだ?フィリピンでの運動不足と食べ過ぎのせいか?

と思いましたが、運動不足と食べ過ぎだけでこれほど自然治癒力が落ちるとは考えづらいです。

※ちなみに運動不足と食べ過ぎは自然治癒力を落とします

 

しかしその後、あることが起こったことにより、

イカ太郎

原因は板寝+素肌寝にちがいない!

と僕は確信するのです。

裸足ランしてみた

こんなに長く風邪が続いたことなどないので、

イカ太郎

これは精神的なものなのかもしれないぞ?

と思った僕は、翌朝短パンとTシャツだけ身につけ、裸足で外へ飛び出しました。

 

走り始めたら咳がゴホゴホ出て、痰が出まくって大変だったんですが少しだけ気分はスッキリし、ちょっと元気になりました。

イカ太郎

やっぱり気持ちの問題だ!

初の外出

「家で寝込んでいても気持ちが病むだけ」

そう思ったので、外でブログを書くことにしました。

横浜のコワーキングスペース・タネマキへ。


いつも暖かく迎えてくれるので、さらに気持ちが温まりました。

イカ太郎

もう風邪治っちゃうんじゃない!?

 

午前中をコワーキングスペースで過ごしたあとは、川崎にある温泉施設・志楽の湯へ。


ここは縄文時代をコンセプトにした本当に飾り気のない温泉施設で僕が大好きな場所。

照明も最小限。音楽なども最小限。施設も必要十分で最高なのです。

イカ太郎

気持ちにゆとりが出てきたぞ!

電車の中で激しい悪寒に襲われる

この日の最終ゴールはMacBookのバッテリー交換でした。

5年間使っているMacのバッテリーがヘタっていて仕事に差し支えがでていたので無理をして表参道のアップルストアまで行ったのです。

すっかりクリスマスモードの表参道

 

ところが、僕の体調に異変が生じていました。

明らかにヤバい感じの悪寒

アップルストア内にいる周りの人は全然寒そうにしてないのに僕だけガタガタ震え出したのです。

イカ太郎

早く帰らないとヤバい…

渋谷から横浜に向かう帰りの電車の中はそれほど混んではいませんでしたが、座ることはできませんでした。

つり革に掴まりながら、ひたすら寒さに堪えます。

偶然から生まれた仮説

とにかく立っているのがしんどかったです。

せめて座ることができれば、気絶できるのになかなか空いてくれない。

 

横浜まで半分を過ぎ、日吉駅に着いたとき、目の前の席が空きました。

超速で席に座りました。

イカ太郎

これで少しラクになるかもしれない…

 

席に座るとお尻に温かいものを感じました。

座面ヒーター!

天井のエアコンからは冷風が吹いているのに、座席にはヒーターがついていたのです。

 

ヒーターが集中的に温めてくれていた場所はこの辺でした。

イカ太郎

なんか内臓が温まっていく感じがする…

 

そして驚くべきことが起こりました。

イカ太郎

悪寒がドンドン引いていく…

 

もうね、普通じゃないスピードで悪寒が引いていくんですよ。

そして思いました。

イカ太郎

・・・もしかしてこの部分を温めると自然治癒力がアップする…?

 

ていうか、逆に言うと、

イカ太郎

この部分を冷やすと自然治癒力が下がる…?

そして思い出したのが、コレだったのです。

板寝 + 素肌寝

イカ太郎

間違いない…



座面ヒーターに変わるもの

電車が横浜駅に到着し、乗り換えのための移動がはじまりました。

エスカレーターに乗り、階段を登り、改札口に向かいます。

 

するとまた悪寒が走ってきました。

イカ太郎

完治してねぇ…

 

家まであと45分なのですが、耐えきれる気がしませんでした。

絶望しながら歩いていたのですが、駅の中にあるコンビニが見えました。

 

その時ひらめいたのです!

イカ太郎

貼るカイロを当てれば、座面ヒーターと同じ効果が得られるんじゃないか!?

 

貼るダンダンを購入し、腰に貼りました。

そしてしばらく待つと、、、

悪寒がスーッと消え、頭痛も関節痛も消えていったのです!!

イカ太郎

間違いねー!!!

このあとの電車内では立っていたんですが、悪寒を感じることなく無事に帰ることができました。

イカ太郎

たすかったー!!

そして完治した

帰って調べてみると、温めた部分は仙骨っていう名前でした。

画像引用:骨格矯正サロンいっしん

 

その夜から2日間、仙骨への加熱をし続けた結果、長かった風邪もようやく治ったのです。




まとめ

今回のことはとても学びになりました。

冬も平床寝台で寝たいなら仙骨を冷やさない工夫が必要

平床寝台健康法を提唱している西式甲田療法では、の板をお勧めしています。

桐の板なら体温を奪われることなく、冬でも板寝を継続できるのです。

 

もし冬に平床寝台健康法にチャレンジする時は気をつけてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。