YouTubeチーム【高波注意報】をはじめた経緯

イカ太郎

こんにちは、イカ太郎です。

もう3ヶ月も前になりますが、新しいYouTubeチャンネルはじめました。

⇒高波注意報

右側にいるのが相方のみす

もともとはプロのビジュアル系バンドマン(金髪・ロン毛・眉毛なし・毎月1度は職務質問される)なんだけど、3年前に突然ITエンジニアになるという変わった経歴の持ち主。

現在はサラリーマンです。

バンドマン時代の写真を見せてもらったらこんな感じであった。
ガリガリなのでクスリをやってるんじゃないかと警察に疑われていたらしい。

チャンネルは毎週水曜日の夜に更新

すでに10本リリースしています。

今回はチャンネル内では話していないチームでYouTubeをはじめたワケなどについてお話します。

チャンネルをはじめた経緯

夏のはじめだったと思います。

ある週末、みすがふらりとまるもに現れました。おとなしい感じで頭も良さそうな雰囲気。

話を聞いてみるとこんな感じ。

  • バンドマン時代はひもぐらし
  • 活動費は事務所が出してくれてた
  • でもメンバーとトラブって解散
  • ソロでやってみたけどつまらなかった
  • 地元の先輩に頼んでITエンジニアの仕事をはじめた
  • サラリーマンは面白かったがもういいかなって感じ
  • なんかおもしろいことしたい
  • 横浜の自宅を解約して車中泊で生活をはじめた
  • これから毎週まるもに通おうと思う

なんか僕のアプリ開発時代にもかぶる要素が多くて共感しまくり。

バンド時代もボーカル・作曲・プロモーションとオールマイティに活躍していたようなんで気軽に

イカ太郎

YouTubeでもやってみればいいのに。100個動画案出してみなよ!

って言ってその日は別れたんですよね。

出てきた企画がドンピシャで俺のワクワクするものばかりだった

それから2週間経った週末、みすが座ってウンウン唸っていたので声をかけてみました。

イカ太郎

YouTube企画100個出そう?

みす

50個からがヤバいっす!

それで見せてもらったんです。企画を。

そしたらもう、めちゃくちゃ僕好みなわけですよ。

一言で言えば「バカで無謀でふつうの人はやりたがらないこと」ばかり。

その中の1つにこんなのがあったんです。

ペットボトルでデッカイいかだを作って釣りをする

なんかギリギリ実現できそうじゃないですか?

デッカイいかだで釣りをするだけじゃなく、飲み会なんかもやっちゃったりして。そんなことできたら楽しいに決まってる!

いてもたってもいられなくなった僕らは気がつけばスタートしてました。

こうして高波注意報ははじまったのです。

いきなり海難事故で死にそうになった

そうして最初に作った動画がこれでした。

まるもの人たちやいなフリ受講生にも協力してもらい、2週間かけてペットボトル80本を集めていかだを作り、海に漕ぎ出したのです。

折しも台風が近づいていて高波が立っていた日でした。

それでも夏休みまっさかりなので、近くの海浜公園には海水浴を楽しむたくさんの人たちがいました。

そんななかへんちくりんなペットボトルいかだを持って進む僕ら。

ヘッドマウントカメラをつけたいかだ野郎たちの出現に周りの人たちはざわついていた…

ここから先は動画を見てもらえたらと思うんですが、ペットボトルいかだには乗ることができました。

しかし動画にすると笑えない展開になったのです。

いかだは大破し、防波堤の奥で僕らは荒波から抜け出すことができず、場合によっては防波堤に打ち付けられて気絶する、もしくは沖に連れされれるかもしれないという危険な状態となりました。

失敗から得た教訓

あやうく海難事故で死にそうになった僕らはなんとかまるもに戻ったものの非常に落ち込んでました。

2週間かけて作ったいかだは大破し、せっかく撮影したものも自分たちがみても笑えないものになってしまった。

僕ら2人でYouTubeをすることをやめようとは思わなかったけど、

バカで無謀なノリのママでは続けられない

「このノリで続けたらいつか死ぬ…」

そう思いました。

4才のかわいい娘のいる僕は死ぬわけにはいかない。

チャンネル名はこうして決まった

友人になっちゅーという車椅子の障害者がいることもあり、最初は「完全車椅子マニュアル」っていう名前にしようと思ってたんですよ。

健常者が車椅子の限界にチャレンジするようなバカ動画を作ろうと思っていたので。

でも海難事故を経験したことにより、名前を変えようと思いました。

そうして高波注意報という名前が生まれたのです。

ついつい悪ふざけが過ぎて暴走しがちな僕らにちゃんとブレーキがかかるようにつけた名前。

この名前にしてからヤバそうな案が出てくると

イカ太郎

あ、高波注意報が聞こえる…

と、お互いをセーブし合うことができるようになりました。

最初はバカ動画を作っていたが

それからしばらくは週末1日でできるバカ動画ばかり作っていました。

個人的に大好きなのはこの2つ。

でも全然再生数伸びなかったんですよね。

せっかく2人でやっているのに同じく10本しか出してない僕の個人チャンネルより下。

シリーズ物をやることにした

それでみすが言ったんです。

みす

自給自足を目指すチャンネルにしようぜ!

異論はありませんでした。

僕もいつかは自給自足的な生活をしたいと思っていたから。

生活に追われてできてないだけだったから。

その時の経緯はこの動画の中で説明しています。

野食のスーパースターとの共演もできた

車椅子のなっちゅー以外にも共通の知人がいて、自給自足ネタにぴったりな人がいました。

それが野食家ガリオ

ガリオの地球飯」というブログを運営していて、なんども記事をバズらせてるスゴイやつです。

彼がどういうわけか僕らの動画を気に入ってくれて、連絡してみたところ一緒の企画をやることに同意してくれたのです。

そうして実現したのがこれ。

もう本当に充実した一日でした。

今までの僕らの動画はただ単にバカなだけだったんですが、バカ要素にアカデミックな要素が加わり今までにないクオリティになったのです。

ガリオも楽しんでくれたらしく「またなんかやりましょう!」と言ってくれていて、また近いうちガリオの野食企画も登場する予定です。

野食死ぬほど楽しい!

とりあえず僕らは基地を作るつもり

そんなわけで今回は僕らが新しくはじめたYouTubeチャンネルがどんな感じではじまったかお話しました。

友達が宅地の空き地を貸してくれたので、今後はそこに小屋を建てたり畑を作ったりして、自然感たっぷりの動画を撮っていこうと思います。

 あとチャンネル登録1,000人も目指してます。

そこまで行かないと収益化のスタートに立てないので。

というわけでYouTuberお決まりのあいさつで最後を締めますね。

イカ太郎

チャンネル登録よろしくおねがいします!

みす

ます!