【セックスレスとポリアモリー】結婚相手がすべてをカバーするってそもそも無茶な話だと思うんだ

 

最近、大人向けのマンガを読んでいます。

夫婦公認の婚外恋愛を描いた「1122」という作品。

この夫婦公認の婚外恋愛はオープンマリッジ(婚外恋愛をオープンにしている結婚)とも呼ばれ、アメリカでは一般化しつつある結婚形態のようです。

 

とはいえここは日本。

「結婚しながら別の人と付き合う!?」

 

「しかもその関係を結婚相手に伝えるの!?」

といった違和感を感じる人も多いでしょう。

 

でも僕はこのオープンマリッジの話を聞いた時、人間として自然なことに思えました。

自分の結婚を通して、

「人生のベストパートナーがすべてをカバーできるわけではない」

 

「『結婚はこうでなければならない』という常識を疑う必要があるんじゃないか?」

と思うようになったからです。

 

そんな中、先日こんな会に参加しました。

 

ポリアモリー実践者として有名なきのコさんという女性と、

 

きのコさんの現在の彼氏(のうちの1人)、市ッチ〜さんがゲストとして来てくれました。

2人の共通の趣味はサバイバルゲーム、通称サバゲーである

 

常識で凝り固まった自分の頭をかき回され、恋愛や結婚・セックスについて考えさせられる一日となりました。

 

今回は

  • ポリアモリーを語る会に参加して学んだこと
  • 会に参加して感じた結婚というパートナーシップの限界
  • マンガ1122のセックスレスと僕自身のセックスレス体験

についてお話しようと思います。

ポリアモリーとは?

ポリアモリーというのは、20年前くらいからアメリカで使われだした言葉で、

一夫一婦制を信条とはせず、

 

複数の恋愛関係をパートナーに対してオープンにしている人達のことです。

のことです。

オープンマリッジを実践している人もポリアモリーと言えます。

「ポリアモリーを語る会」に参加して感じたこと

ポリアモリーを語る会に参加した人たちのほとんどはポリアモリー実践者ではなく、ポリアモリーに興味を持っている人たちでした。

僕もその1人。

 

そんな中でひとりだけ、ポリアモリー実践者の女性がいました。

小柄な可愛らしいひとでした。

 

きのコさんとその女性はポリアモリーのリアルな心情を語ってくれました。

「ポリアモリーだからって嫉妬しないわけじゃない」

 

「ポリアモリーになって嫉妬にもいろいろなタイプがあることを知った」

 

「ポリアモリーの場合、嫉妬を相手のせいにするわけにいかない」

 

「ポリアモリーにとって、嫉妬は自分と相手で一緒に向き合う問題だと思う」

といった嫉妬心との向き合い方の話や、

「複数の人を同時に好きになるって自然なことじゃない?」

 

「2人目の子供が生まれたからって1人目の子供に対する愛情はなくなるもの?」

 

「ほかの人を好きになっても、パートナーに対する愛情が薄れるわけじゃない」

 

「人はそれぞれ違うのだから、魅力を感じる部分は違って当たり前」

といった好きという感情の人間としての側面についての話。

「ウソを付くのが苦痛だからポリアモリーにならざるを得なかった」

きのコさんの話で印象的だったのはこんな話でした。

「浮気しても上手に隠し通せる人はポリアモリーを名乗らなくていいと思うのよね」

 

「でも私は浮気をしてウソをつくのが苦しかったし、全然上手じゃなかった」

 

「だからずっと罪悪感を感じたり、『複数の人を好きになる自分は異常なんじゃないだろうか?』と思ったりして苦しかったんだけど、ポリアモリーという考え方を知った時に救われる思いがしたの」

 

「ウソを付くのが苦痛だったから、ポリアモリーにならざるを得なかったのよね」

僕は思い切り共感してしまいました。

 

僕はウソをつくのが下手です。

隠し通せる気がしないから、浮気をしたこともありません。

魅力的な人と会って「もっと話したい!」と思うことがあっても、誤解を恐れて「もっと話したい!」という気持ちをセーブしてきました。

 

でもきのコさんのこの話を聞いたことで自然な気持ちを抑圧するのはやめようと思いました。

性的な関係を持たないまでも、「ちょっとおもしろい女の子がいるから会って話してくる」と言ってもいいのではないかと。

だってもし相手が男性だったら、躊躇することなく行動できることなのですから。

結婚というパートナーシップの限界

ポリアモリーを語る会でもう一つ印象に残ったフレーズがありました。

それはきのコさんの言ったこのひと言。

「1人で相手の要求をすべてをカバーするのは無理だよね」

 

「確かに!」

結婚相手に対して一般的に望むことの多様性

結婚して、子供を持ち、一緒に暮らしていると、役割分担とか結婚相手に対して求めるものがあると思います

ざっと思いつくことをあげてみると、

・生活費の確保

・家事

・子育て

・心のケア

・仕事の話を聞いてもらう時間

・共通の趣味で楽しむ時間

・セックス

といったことです。

 

さて、、

 

これ、全部ちゃんとこなせますか?

 

得意不得意もあるだろうし、

相手との相性とかもあると思うんですよね。

・稼ぐのがうまくない

・子供が苦手

・家事が苦手

・話を聞くのが苦手

・相手の仕事の話が分からない

・相手の仕事の中身に興味がない

・女心が分からない

・男心が分からない

・共通の趣味がない

・セックスの相性が良くない

こういうことってあると思うんです。

人間だから。

アウトソーシング型パートナーシップの可能性

「1人としか付き合っちゃいけない」という前提があるから

「すべてを兼ね備えた完璧な相手を見つけなければいけない」って思いがちだと思うんですけど、

「自分にとって完璧な相手」を見つけるのって根本的に難易度高すぎますよね?

一体どれだけの既婚者が自分にとって完璧な相手を見つけることができているのでしょう?

 

相手に足りない一面があるくらいなら離婚するほどの問題にはなりません。

でも満たされない部分はどうしても出てしまいます。

問題はそこです。

パートナーの持っている資質だけではカバーできない部分。

 

そのカバーできない部分をたった1人の相手に求めるから苦しいんだと思うんです。

相手に資質がないのに求めるから叶わない。

でもそれって

魚屋に「野菜をください」と言っているようなもの。

その場合やるべきことは

八百屋に行って「野菜をください」と言うことなんじゃないかと思うのです。

 

「結婚相手に足りないものはアウトソーシングする」

これが当たり前になれば、求めても叶わない苦しみから開放されます。

そのかわり今までは感じなかった嫉妬感を感じようになるかもしれません。

でも、

  • ウソをつかれ浮気を知ったときの苦しみ
  • 自分が把握しているパートナーの恋愛関係から生まれる嫉妬心

どっちがマイルドなんでしょうね?

セックスレスは簡単に起こる

結婚して夫婦となり、子供ができて思ったのが、

「実は夫婦のセックスレスって日本では普通なんじゃないの?」

ってことでした。

 

我が家の場合、

子供の命が奥さんのお腹に宿った時からセックスレスが始まりました。

母の意識が芽生えはじめた奥さんはセックスへの興味を一気に失っていったのです。

 

しかし僕の方はまだ父親としての意識は芽生えていません。

物理的に何の変化も起きていないから父親ではなく、男の意識のまま。

セックスはしたいわけです。

 

ネットで調べてみると

「安定期に入ってからはセックスは可能。激しくなければOK」

とあったので、一度セックスを求めてみたことがありました。

しかしあえなく撃沈。

拒絶されたときのショックは少なくないものがありました。

 

相手に求められてないセックスほど虚しいものはありません。

「求める → 拒絶される → 萎える」

そんなことを繰り返すうち、

奥さんとのセックスへの興味はなくなっていきました。

僕らの性欲はメディアによって生み出されている

とはいえ、性欲が急激になくなるわけでもありません。

性欲の向けどころに困るわけです。

相手に求められてないセックスも虚しいですが、オナニーはもっと虚しい。

かといって浮気をできるタイプでもない。

 

結局僕は性欲そのものをなくすことで苦しみを回避する方法を取りました。

性的インプットや誘惑要素を減らし、雑念を除去する。

エロ動画・エロ画像はすべて処分し、PC内のエロ関連リンクはすべて削除。

市街地にはなるべくいかず、女の子もできる限り見ない。

これを徹底してやったら、半年ほどで性欲で苦しむことはなくなりました。

 

こうして断エロしてみると分かったことがありました。

それは、

「僕らの性欲はどうやらメディアの煽りによって作り出されたもののようだ」

ということ。

エロのインプットを断つとそれがよく分かります。

マンガ「1122」のセックスレス

冒頭で紹介したマンガ「1122」はセックスレスから夫婦公認恋愛へ移行していく様子が妙にリアルなマンガでした。

 

フリーランスのウェブデザイナーとして忙しく働く30代の既婚女性が主人公。

仕事が大事すぎる状況がセックスレスの原因となり、思わず言ってしまった「モテなくないでしょ?外でセックスすれば?」という言葉。

これが夫の婚外恋愛のトリガーを引くのです。

セックスレスは頑張って克服すべきものなのか?

「結婚しても恋人同士のような仲のいい夫婦でいようね!」

結婚する前、僕ら夫婦はこんな言葉を交わしていました。

出産前までは結婚しても仲のいい夫婦でしたが、出産後は状況が一変したのです。

 

でも思うんです。

「夫婦関係は100点じゃなくてもいいんじゃない?」って。

 

そもそも結婚を決めたのはどうしてでしょう?

セックスの相性がいいから結婚しようと思いました?

「大抵の夫婦は違うんじゃないか」と僕は想像しています。

「一緒にずっといたいから」

 

「一緒に子供を育てたら楽しそうだから」

そんな理由の方が多いんじゃないでしょうか?

 

「セックスしたい」

 

「でも結婚相手としかセックスしちゃいけない」

 

「でも欲情しない」

 

「なんとかしなきゃ!」

ってなって苦しくなるくらいなら、セックスレスになったとき、

「僕は君の内面が好きだから一緒にいる」

 

「性欲があるのは人間だからしょうがないよね」

 

「セックスの相性が合わないのもしょうがないよね」

 

「僕には提供できない部分はほかの人と楽しんでおいで」

って考えたほうが楽だし自然なんじゃないかと思うのです。

さいごに

セックスだけでなく、趣味や、食事の好みなども人によって違うもの。

夫婦だからってカップルだからってそれが完全に重なり合うことはないと思います。

 

好きなレストランのタイプが違って当たり前。

趣味が違って当たり前。

 

違いは違いとして認めつつも、

「私のこういう気持ちを大事にしてくれるんだったら、あなたの自然な気持ちを尊重します!」

これが今地球で生まれつつある「ポリアモリーという考え方」なのではないかと僕は思うようになりました。

ポリアモリーの基礎知識を入れたいなら

ポリアモリー実践者の話を聞きたいなら