映画は心の常備薬 – 迷走していた20代の僕を支えた映画たち

 

何度も見たい映画がいくつかあると心の支えになる

 

 

映画が大好きでした。

サラリーマンとして悩んだり、自分が何をしたいのか分からずいろんな場所や仕事をさまよった20代、救いを求めて本屋やビデオレンタルに通ってました。

映画はその頃の僕の支えでした。

頭で考えすぎていると、心が冷えて固まって来る。

行動を起こすのが怖くなってくる。

 

そんな僕にとって映画はまるで薬のようでした。

勇気をくれる薬。

闘志をくれる薬。

緊張をとる薬。

笑わせてくれる薬。

泣かせてくれる薬。

 

今日紹介したいのは、20代後半から30代の前半にかけて、僕が何度も繰り返し見た映画たちです。

何事もうまくいかなかったけど、ひどい心の病にはならなかったのはこれらの薬があったからだと思います。

ヤバいと思ったらこれらのDVDを手にとってた。

自分のその時の状態に合わせて。

 

映画は心の常備薬。

僕の大切な薬箱の中身、お見せします。

 

1. グッドウィルハンティング

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (字幕版)

【友情とはなんなのか? 運命をどう受け入れるか? 天才に足りないものとは何なのか?】

天才的な頭脳を持ちながらも貧しい境遇に生まれ、仲間と共にだらだら肉体労働をしながら暮らす主人公が警察に捕まり、強制的に受けさせられた心理カウンセラーとの時間の中で成長していく物語です。

ゆったりとした雰囲気を楽しみつつも、心が熱くなる映画。

 新星マット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を書き、見事にアカデミー脚本賞をさらったさわやかな感動作である。
ウィル・ハンティングは、生まれつき天才的な頭脳に恵まれながらも、幼児期の虐待のトラウマにより周囲に固く心を閉ざし、荒れた日々を送る青年であった。そんな彼が、ロビン・ウィリアムズ演じる精神分析医マクガイアと出会い、カウンセリングを受け始める。しかしウィルの心の空洞は暗く深く、容易に心を開くことはなかった。一方マクガイアも最愛の妻を亡くし、その悲しみから逃れられずに苦しんでいるのだった。
癒されない心をもつ人間同志が、もがき苦しみながらも理解しあい、再生の道に歩みだしていく姿が熱い感動を呼ぶ。マット・ディモンがウィルのナィーブな個性にピッタリで、みずみずしい魅力を放っている。(星乃つづり)

 

2. ザ・エージェント

ザ・エ-ジェント (字幕版)

【何のために仕事をするのか? どうしたら仕事を通して幸せになれるのか?】

腐った組織から放り出され、一人で動くものの、情熱が空回り、周りには支持されず、苦しみ迷いながら歩み続ける姿が感動的です

熱血サラリーマンだった僕はこれの影響を多大に受けました

今でも影響を受けていると思います

【ストーリー】スポーツ選手の契約を一手に仕切るやり手のスポーツ・エージェント、ジェリー・マクガイアは、利益ばかりを追求するやり方に疑問を感じ提案書を提出。
それがもとで会社をクビに。
独立したジェリーに現実は甘くなく、ついてきたのは落ち目のアメフト選手ロッドと会計係のドロシーだけだった。
トム・クルーズが人生の挫折を乗り越える人間味ある役柄に初挑戦。
仕事に流されていく現代、良心に従って行動することの難しさと尊さ、そして愛する人と支え合うことの大切さを謳い上げる爽やかなヒューマン・ドラマ。

 

3. ストレイトストーリー

ストレイト・ストーリー リストア版 [Blu-ray]

【老いるって何だ?本当にやりたいことなら、どんなに条件が悪くてもやれるもの】

これも信念を貫き通す系の映画です

ないならないなりのやり方がある。ガンコじいさんのひたむきな姿に心打たれます

こんなテイストの映画はいまだに他に見たことがない。そのくらいユニーク

実話を元に、デイヴィッド・リンチ監督ほか名スタッフや名優たちが集結し製作されたロードムービー。73歳のガンコな老人・アルヴィンは、長く仲違いをしていた兄に会うため、時速8kmのトラクターに乗って旅に出る。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

 

4. Taxi

TAXi(吹替版)

【素晴らしい空気感。スローで力強い映像と音。スピード感の心地よさ】

作品全体が究極のアート

断捨離して断舎離して最後に残すとしたらどれだ?これかもしれない

クールすぎる!

『レオン』、『フィフス・エレメント』で世界的大ヒットを飛ばしたリュック・ベッソンが長年温めていた脚本を、
元レーサーで車のCM界の第一人者であるジェラール・ピレスが、CGを一切使わず、世界中の一流レーサーを一堂に集め、
1000台もの車を駆使して映像化した正真正銘の痛快カーアクション! !

 

5. Yamakashi

YAMAKASI スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

【映像と音楽と共に楽しむ肉体の躍動感。仲間とともに質素に幸せに生きるということ】

体の躍動感がすごすぎる

見ていると動きたくて仕方なくなってくる映画

好きなことと仲間がいればそれ以上なにもいらない。そんな価値観を教えてくれた作品

7人のストリートパフォーマー・YAMAKASIを主人公にした、リュック・ベッソンプロデュースのアクションムービー。重傷を負った少年の手術代を捻出するため、彼らは強欲な病院の理事長たちの家に侵入しようと計画する。

 

6. ファイトクラブ

ファイト・クラブ [DVD]

【自分の中に隠れてる破壊的な気持ちと男の闘争本能に気づく】

観ていると脳内をかきむしられるような感じになる

居ても立ってもいられない。自分の中から意味不明なエネルギーが湧いてくる

仕事で落ち込んで元気が出ない時何度も見てた映画。

ブラッド・ピット×デイビッド・フィンチャー監督が放つ、常識を、価値観を破壊するエンターテイメントの傑作!
映画の言葉“人生の持ち時間はいつかゼロになる”

 

7. 8mile

8マイル(字幕版)

【大好きなことと向き合うことが逆境にとって癒しになるということ】

エミネムの情熱が爆発した映画。とにかくかっこいい

もちろん音楽も最高だし、映像もたまらない

情熱を高めたいならぜひ!

カーティス・ハンソン監督がエミネムの半自伝的物語を映画化した青春ドラマ。第75回アカデミー賞(R)最優秀主題歌賞受賞。

 

8. You’ve got mail

ユー・ガット・メール (字幕版)

【自分から見える人の姿は、その人のありのままだとは限らない】

映像なのに、冬のニューヨークの空気感まで感じる映画

アメリカ人に愛されまくるトム・ハンクスの魅力とメグ・ライアンの魅力が存分に出てる

僕はこういうラブストーリーが好きだ

『めぐり逢えたら』の主演トム・ハンクス&メグ・ライアンに、監督ノーラ・エフロンが再び組んだロマンチックコメディ。小さな絵本の店を経営しているキャスリーンは、メールで知り合った顔も知らない相手「NY152」に恋をしていた。実はその相手は彼女の店の近くにオープンした大型書店チェーンの御曹司ジョーだった…。
現実とメール上の2組のカップルの恋愛劇が、女流監督ならではのハートウォーミングな演出で展開していく。泣いたり、笑ったり、怒ったりとナチュラルな表情が光る、ラブコメの女王メグ・ライアンが本領発揮している。

 

9. 恋愛小説家

恋愛小説家 (字幕版)

【変人の孤独。変人が社会の中で生きていくということ。変人も人間】

これまたニューヨークを舞台にしたラブストーリー

といっても普通のラブストーリーではない。僕好みなのでちょっと変わってる

変人・ゲイ・バツイチ子持ちの3人が繰り広げる家族関係をテーマにした物語

人間嫌いの毒舌小説家。お人好しのウェイトレス。ゲイの画家、そして愛犬バーデル。3人と1匹のニューヨーク物語。
<ストーリー>
甘い恋愛小説で暮らしを立てているくせに、極めつけの毒舌家で異常なほどの潔癖症。
誰もが認める変人男のメルビンが、なんと子持ちのウェイトレスのキャロルに恋をした。
想いは募る一方なのに、口を開けば暴言ばかり。
果たして偏屈な恋愛小説家にハッピーエンドは来る?

 

10, ニューシネマパラダイス

ニュー・シネマ・パラダイス (字幕版)

【人生は移ろいゆくもの。永遠に変わらぬものなど何もない】

今でも一番好きな映画だと思う

仕事に疲れて心を失ったときにはぜひ見てほしいです

映像、音楽ともに文句のつけようがない

 

・・・あ、ちなみに完全版は見ないほうがいいです。

ジョゼッペ・トルナトーレ監督が決断したオリジナルバージョンを見るべきだと思います

トルナトーレ監督が、主人公の映画監督の思い出を軸に、フィルムに込められた人生模様を描いた感動ドラマ。

■ストーリー
シチリア島の小さな村にある映画館・パラダイス座。親の目を盗んではここに通いつめる少年トトは、大の映画好き。やがて映写技師の老人アルフレードと心を通わせるようになり、ますます映画に魅せられていくトト。初恋、兵役を経て成長し、映画監督として活躍するようになった彼のもとにアルフレードの訃報が。映画に夢中だった少年時代を懐古しつつ、30年ぶりにトトはシチリアに帰ってきた・・・。

 

これが僕が何度も見た映画10選です。

いつもは色々説明しちゃうんだけど、今回はしない。

映画は心で感じるもの。

皆さんのハートにピンときたものがあったらぜひ見てみてください。

 

おしまいっ!