僕の恋愛史 – 僕はこんな恋愛をし、こんな風に結婚相手を見つけた

 

昨日の夜は今滞在しているシェアハウスで、20代から30代前半の男女の恋愛談義を聞いていた。

「彼氏が欲しい」

 

「彼女が欲しい」

彼らの奥にあるそんな思いを感じながら、気がつけば自分の過去を振り返っていた。

 

思えば社会人になるまでは恋愛が下手だった。

僕もやはり彼らと同じ思いを持っていた。

「彼女が欲しい」

いや、もう少し具体的だった。

「綺麗な子、可愛い子と付き合いたい」

だから、女の子と出会った時に何を見ていたかといえば容姿だった。

かわいいか、キレイか。

それが一番の判断基準。

しかし、そんな価値観で女の子を見ていた時の恋愛はそれほどいいものではなかった。

 

しかし社会人になってからは恋愛が変わった。

「セックスしたい」「カワイイ子と付き合いたい」という気持ちが薄れてきたのだ。

 

社会人になるまでに何人かの女の子と付き合ったが、意中の相手と付き合うことはできなかった。

付き合おうと言っても毎回玉砕した。

しかし社会人になって恋愛より仕事の方が好きになってからは、付き合いたいと思った子と付き合えるようになった。

決してモテたわけではないけど、「この子と付き合おう」と思ってアプローチするとどういうわけかOKが出るようになったのだ。

 

今回はそんな僕の恋愛史と結婚相手を見つけた時のエピソードについて書いてみようと思う。

 

 

僕の恋愛史

はじめてのセックス

童貞だった頃は本当に盲目だったと思う。

女の子の人間性を見る余裕なんてこれっぽっちも持てなかった。

童貞だったけど、若さもあったしエネルギーは高いタイプだったので、アプローチすれば付き合うことはできた。

しかしこの時は狩りをしているような感じだった。

ライオンのメスがインパラの群れを襲う時、一番弱い個体を狙う。

あんな感じで、アプローチしたら付き合ってくれそうな子を狙ってた。

本当に好きな相手ではなく、声をかけさえすればなんとかなっちゃいそうな相手を。

 

付き合いだしたら、それなりにデートして、必死にホテルに誘う。

でもさっぱりうまくいかなかった。

セックスばかりしたがるデートにガッカリして、何回かデートすると相手が去っていく。

 

結局初めてセックスしたのは、「セックスしなければこの人は去ってしまう」そんな風に思ってた気弱な子だった。

当然、そのセックスに感動はなかった。

「こういう感じなのかぁ」

そんな風に思いながら、すーっと終わった。

セックスしてその子は去っていった。

今思い出すと「なんだか悪いことをしてしまった」と思う。

自分の未熟さと申し訳なさが入り混じったなんともいえない気持ちだ。

 

セックスに中毒した大学生時代

あまりいい経験だったとはいえないセックスデビューの後は、性に溺れた。

大学生になり、男子校から共学になったことで、女の子と知り合う機会が劇的に増えた。

この頃は本当にエネルギーが高かったから、僕のモテ期だったと思う。

一番強烈にアプローチしてきた女の子に捕まった。

エネルギーの高さが魅力だったらしい。

 

いろんな子とセックスするような大学生ではなかったけど、その子とのセックスに夢中になった。

その子とは1年ほど付き合って別れ、しばらくしてまた別の子に捕まった。

前の子も積極的な子だったが、新しい彼女は性に貪欲な子だったので、性に溺れたというより、連れまわされたという感じが近かった。

若さってスゲーなと今は思う。

 

恋愛のターニングポイント

大学を卒業し、社会人になって、僕は仕事が大好きになった。

関連:こうして僕は社会人になった

 

ここが僕の恋愛のターニングポイントだったと思う。

女の子を見るべきポイントは容姿ではないと自然と感じるようになった。

 

会社にいた子を好きになった。

やはり仕事が大好きで、素晴らしい笑顔で周りを笑顔にしてしまう子。

容姿はタイプではなかったけど、容姿なんてどうでもいいと思えるくらい笑顔が素敵だった。

その子にアプローチして付き合うことになったのだけど、最初の頃に言われたことが印象に残ってる。

「会社に入った頃はむしろ嫌いなタイプだった」

 

生まれてはじめて意中の人と付き合うことができた。

23才のことだった。

 

その子とは3年ほど付き合って別れた。

社会人4年目、初めての転勤で福岡に行った僕は、仕事がまったくうまくいかなった。

うまくいかなすぎて、遠距離恋愛している彼女のことを考える余裕などまったくなかった。

酷い言葉を投げかけて(投げつけて)別れてもらった。

 

福岡に行く前は、僕らはいつも笑顔でかなり幸せだったと思う。

そんな素晴らしい時間を共有できただけに、彼女は必死に僕を説得しようとしたけど、ひたすら僕はその言葉を振り払った。

運命って残酷だなと思う。

 

3年の空白期間、次の相手とは結婚しようと思っていた

その後の3年は僕の恋愛の空白期間となった。

 

恋愛してないとどんどん恋愛下手になる。

しかも強烈にお金がなかったから、一回のデートならともかく、彼女を作るなんて夢のまた夢だった。

とにかくモテなかった。

 

長い恋愛空白期間の間、こんなことを考えていた。

「次に付き合う子は、一生一緒にいれるような相手にしよう」

そう思うと、大幅に視点が変わった。

自分がずっと一緒にいれる相手とはどういう相手なのか?

そんなことを考えるようになった。

 

将来結婚する相手とめぐりあう

結局3年が経って今の奥さんと出会う。

アルバイト先の同僚。

一緒に働いている時はまさか付き合うことになるとは思わなかった。

全然愛想がないし、ツンツンしてて、飄々と仕事をしている人だったから。

しかし、ものすごいハードワーカーなのにもかかわらず、疲れを外に見せないところには感心していた。

 

そんなある日、バイト先で仲良くしていた男女4人で温泉に行こうという話になった。

その4人のメンバーのほかにどういうわけか、その子がいた。

友達(♂)が誘ったらしい。

温泉での滞在はすごく楽しかった。

仕事場ではツンケンしているその子の柔らかい一面も見れた。

そして運命の瞬間がおとずれる。

 

「この子だ」と思った

車で順番にメンバーの家に送っていくことになった。

最初の家がその子の家だった。

運転して疲れていたことを察知した彼女がみんなにこう言った。

「疲れてるし、少し休んで行かない?」

 

4人でアパートにお邪魔した。

その子の部屋に入った瞬間僕は突然こう思った。

「この子と付き合おう」

 

部屋の中に物が圧倒的に少なかったのだ。

所有物が全然ない。

キッチンと4畳半の小さな部屋なのに広々としていて、照明は薄暗く、アロマのいい香りがした。

かけてくれた音楽も癒されるものだった。

意外にも付き合う相手を決めたのは、容姿でも性格でもなく、相手の部屋だった。

 

その頃毎月返済するローンもあったので、お金に困っていたけど、そんな心配さえ吹っ飛んだ。

デートに誘い、付き合って欲しいと言った。

意外にもOKだった。

あとで聞いたら

全然タイプじゃなかったけど、手を繋いだときに「一緒にいてもいい人だ」と感じたらしい。

勇気を出して手を繋いでよかった。

 

彼女には付き合い始めて早々にお金がないことを伝えた。

言いだすのに結構勇気が必要だった。

でも普通のデートをするお金はなかったから選択肢はなかった。

「もしかしたらフラれるかもしれない」

そう思いながら話したら、彼女は

「別に構わないよ」

と言った。

ものすごくホッとした。

「言いづらいことを言ってくれたから、誠実な人だなって思った」

と彼女は言った。

勇気を出して伝えてよかった。

 

結婚し、子供が生まれて関係は変わったけれど

子供が生まれるまでは本当に仲の良いカップルだった。

でも子供が生まれてちょっとギクシャクした。

僕は仕事に四苦八苦してたし、彼女は子育てに必死だったから。

今も子供が生まれる前のような状態ではないけど、少しずつ改善はしてきているように思う。

子供が大きくなり、彼女の手から少しずつ離れていけば、自然とまた僕と過ごす時間も増えるだろう。

そうすればまた仲の良いカップルになれるのではないかと安直に今は思ってる。

 

最後に

なんだか勢いで自分の恋愛史をすべて書いてしまった。

書いてみて思うのは、経験とともに人は変わっていくのだなということ。

欲を充足するごとに恋愛観は変わっていく。

 

彼女・彼氏が欲しいならどんどん恋愛すればいいと思う。

セックスしたいならどんどん求めればいいと思う。

そしてうまくいったりうまくいかなったりするわけだけど、そのプロセスで人は自然に変わってく。

 

恋愛に夢中になれる期間はそんなに長くない。

歳をとるごとに恋愛以上に大切なものが出てくる。

だから恋愛に夢中になれる時を大切にして欲しい。

そんな風に思いながら、昨日の夜は恋愛トークで盛り上がっていたシェアハウスのテーブルの上でひとり、これを書いている。

おっさんの朝は早い。