【PV数・収益を公開】ブログをはじめて1年経ったので振り返ってみた!

 

 

イカ太郎

こんにちは、イカ太郎です

 

最初の記事を出してから1年が経ちました。

 

1年間で書いた記事数は153。

よく読まれている記事のランキングはこんな風になっています。

 

トップ3はブログをはじめた頃に書いたもので、

今でも毎日トップ3を取り続けています。

(1位・3位は最初に書いた2本。2位も最初の1ヶ月に書いたもの)

つまり、初期に書いた記事が今でも一番強いんです。

 

この結果を見ると、

「1年やってきて、それなりに技術も知識もついたはずなのに…」

「初期の記事を超える記事を書けないのか…」

とか思うんですが、

 

逆に言えば

「これを伝えたい!」という思いをのせて書いたこれら初期の記事は、

Googleのアルゴリズムを意識していなかったにもかかわらず、

「有益なコンテンツである」とGoogleに評価されたとも言えるわけで、

 

「書く技術ではなく、伝えたいという熱量が奇跡を起こしたのかもしれないなぁ」

と思わされる日々です。

 

 

 

最高月間PVは9738。

PV(ページビュー)とは閲覧されたページ数のこと

 

最高月間収益は4113円でした。

ブログで稼げるようになるにはずいぶん時間がかかるんですね。

 

今日は1年の振り返りということで、

「これらの数字の裏で何が起こっていたのか!?」について書いていこうと思います!

 

こんな1年でした

 

1ヶ月目:幸先のいいスタート

 

スタートした時、

このブログは「少食と裸足」という名前でした。

 

当時僕は半年契約で渋谷のアプリ開発会社で働いていました。

その間、初マラソンを裸足で完走したり、

裸足限定のトレイルランニング大会に参加したりして、

裸足ランニングの世界でいろんな変わった人達と会いました。

そんな変わった人達の中に「裸足の神」と密かに言われていたman(マン)さんという人がいました。

 

その人がブログをやっているんですが、

(裸足とワラーチの日々)

彼のものすごい情熱にあふれたブログを読むうちに

「僕もブログやりたい!」

「何か伝えられることがあるはずだ!」

そう思ってはじめたのがこのブログなのです。

 

関連:ぼくがブログを始めようと思ったわけ

 

最初からアクセスは好調でした。

僕がブログを始めるきっかけを作ってくれたmanさんが拡散してくれたからです。

 

 

裸足界におけるmanさんの圧倒的な信用によりアクセスは急上昇。

 

「ブログおもしろい!」

そう思った僕はブログの基礎を学ぼうとフリーランスの聖地・金谷を訪れます。

 

 

当時ノリにノッていたプロブロガー・やぎぺーが講師を担当する

週末フリーランス養成講座に参加するためでした。

 

 

当時の僕は「ブログを始めるならやって当たり前のこと」を知りませんでした。

・プロフィールを読者に信頼されるものにする

・ブロガーとしての肩書きを持つ

・デザインを整え「ちゃんとしたブログ感」を出す

・見出しをつけて読みやすくする

・独自ドメインを取る

↑ こういったこと。

 

独自ドメインはこの時取得。

ikatarou.com

 

ブログ名も変更。

 

【イカ太郎オフィシャルブログ】

と名前を変えたこのブログは、

初月から3000PV以上という幸先のいいスタートを切ったのでした。

 



 

2-3ヶ月目:お遍路へ旅立つ

 

「裸足と不食をブログのコンセプトで行こう」と決めた週末フリーランス養成講座で、

あることを思いつきました。

「帰り道、三浦半島を裸足で何も食べずに回ったらオモシロイんじゃない?

 

 

7月31日、猛烈な暑さの中、裸足で何も食べずに歩き始めたのですが、

この企画が予想以上に盛り上がったのです。

 

この旅のツイートをまとめたトゥギャッターまとめ

その週の注目トピックトップ3に選ばれ、

「裸足で食べない旅はイケる!」

と思ったのでした。

 

 

 

「さて、次はどこへ行こう?」

 

最初に思いついたのは、日本橋から東海道で京都へ行き、中山道で帰ってくるというルート。

 

「かつて飛脚が走った道を裸足の男が食べずに歩いたらオモシロイだろうな」と思ったのですが、

 

「でも、ほとんど国道だよな」

「車が多いからうるさいし、ずっとアスファルトだから路面痛いし熱いよな」

「それに野宿する場所も見つけられなそうだ…」

 

そう思ったときに思いついたのがお遍路だったのです。

「お遍路なら野宿文化があるらしいし、

山や海もあって景色も良さそうだし最高じゃないか!」

 

2歳の娘と奥さんを家に残して、四国へと旅立ったのでした。

 

イカ太郎の裸足お遍路 記事一覧

 

真夏の四国を裸足で食べずに歩くのは、

想像を遥かに超える苦しさでした。

 

「一日一食で裸足で1400km踏破してやる!」

 

そんな風に意気込んでいたのに、

5日目には100kmで裸足で歩くことを断念し、

9日目には1日1食のルールも破りました。

有言実行できない自分の弱さと向かい合う旅でした。

 

野宿では蚊にたかられ、

1日2時間ほどしか眠れず、

ブログも毎日5時間ほどかけて書くのにアクセスは伸びない…

ただただ修行の日々。

「こんなはずでは…」

 

 

そんな流れが変わったのは1ヶ月を経過した10月になってから。

自分の弱さと向き合ってばかりいた旅が

「人との出会いを楽しむ旅」に変わったのです。

 

そこから少しずつアクセスが増えていきました。

「そうか!苦しさと葛藤することよりも、

出会いを楽しみ、それを伝えるほうが喜ばれるんだ!」

そんなことに気がついたブログ開設3ヶ月目だったのでした。

 

4ヶ月目:PV数が40%も激減したセブ島英語留学

 

お遍路はちょうど半分の700kmで一旦終了しました。

次の行き先が決まっていたからです。

フィリピンのセブ島。

 

 

週末フリーランス養成講座でお世話になった会社が企画した

海外フリーランス体験講座に参加するためです。

海外フリーランス体験講座の参加者たち

 

英語学校でスパルタ学習を受けながらブログを書く日々。

英語の勉強が忙しかったため、ブログは「書かなきゃ!」という感じでやっていました。

 

一生懸命書いているのに

どんどん減っていくブログのPV、

ほとんどつかなくなるツイッターの「いいね」、

「今まで見ててくれてた人がどんどん離れていく…」

 

そして今、実際にデータを見てみてもそう思います。

今でこそSNSからのアクセス直接アクセスも10%を切っていますが、

当時はSNSからのアクセスは現在の2倍

直接アクセスは現在の4倍もあったのです。

この大部分がごっそりなくなった。

これがセブでの出来事だったのだと思います。

 

既存のお客さんがが離れていったセブでの1ヶ月、

・不食と裸足のお客さんはセブ島や英語留学には興味ない

 

・検索からの流入が少ないとアクセス数は安定しない

ということを学んだのでした。

 

5-6ヶ月目:金谷に籠もってブログを書く日々

 

セブから日本に戻った時、家庭の雰囲気は最悪でした。

恐ろしく冷めきった奥さんの視線。。

2才の娘と奥さんを3ヶ月も放っておいたツケでした。

 

「もう長期間家を空けることはできないな」

そう思った僕は、ブログに集中できる環境である

フリーランスの聖地・金谷に通う毎日を選択。

 

5ヶ月間に渡る横浜と金谷の2拠点生活をスタートしました。

週4日:金谷

残りの3日:横浜

 

PV数変化のグラフを見るとわかりますが、

金谷に籠もってから2ヶ月で数字が2倍に伸びています。

 

2日に1本というペースで

今まで書かなかったジャンルの記事を書くようになったこと。

これが新規のお客さん獲得に繋がり、数字が伸びたのです。

 

新規のお客さん獲得方法はツイッターでした。

記事を書いたらツイッターで告知。

 

ブログの管理画面でSNSからのアクセス数が見れるのですが、

この頃は非常に多かったです。

こんな感じで見れる

 

この頃の訪問者の気持ちはたぶんこういう心理。

「裸足や不食は興味ないけど、こういう話なら読んでみようかな」

 

この時書いたもので、今でも影響力の大きい記事はこういったものでした。

内容は禁煙・結婚・恋愛・子育て・ブロガー紹介など。

一般的な内容ですよね。

 

この時期僕が学んだこと、それは

「ニッチなジャンルで独自性を出すことも大切だけど、一般的なトピックも混ぜ込んでいこう!」

でした。

 

言いかえると、、、

マニアックすぎるとアクセス数は増えない!

 

7ヶ月目:お金がヤバい!ブログからサイト制作にシフト

 

ひたすらブログと向かい合ってきた半年間でしたが、

「ブログで飯を食う」とは程遠い状況でした。

月に1000円も稼げてない。。

 

この時、貯金残高50万ほどだったと記憶しています。

「ヤバい!あと半年以内に貯金は消える!」

 

そう思って始めたのがサイト制作。

1月頭から学習を始めていたのですが、

最初はブログの片手間として勉強していました。

それを完全にシフトしたのです。

 

関連:アプリ制作者だった僕がサイト制作を仕事にするためにやったこと

 

サイト制作に時間の配分を振り切ったことで、

ブログの更新頻度が落ちました。

更新頻度が落ちたことはPVには大きく影響しました。

PVは落ちましたが、

「ブログをもっと書かないと!」とは思いませんでした。

稼ぐ道を作らないと家族が露頭に迷います。

 

「サイト制作で稼げないとブログどころじゃない!」

そう思ってHTMLやCSSを勉強していたのがこの頃でした。

 

8-10ヶ月目:いなフリマジック!3ヶ月でPVが2.5倍に!

 

サイト制作を学んでいた時、

拠点としていた金谷のコワーキングスペースまるもの社長に声をかけられました。

「イカさん、いなフリの講師やってみませんか?」

 

いなフリというのは、

コワーキングスペースまるもの名物コース

田舎フリーランス養成講座の略称。

 

十数人のフリーランスを志す人達が全国から集まり、

1ヶ月泊まり込みで人生の方向性を模索するアツい講座です。

 

「僕なんかにできるのだろうか?」

 

そう思いましたが、

「わざわざできそうにない人に依頼するはずもない」と思い直し、やってみることにしました。

 

大変でしたが、すばらしい1ヶ月でした。

サイト制作の講師でありながら、講座も受講し、

Googleの検索エンジン最適化・SEOを意識した記事の書き方なども教えてもらいました。

 

受講生との出会いも最高でした。

彼らとは今でも連絡を取り合い、

同じフリーランスとして刺激し合える仲間としてつき合ってもらっています。

 

このときのことをブログ記事にしたのですが、

これが非常に多く読まれました。

関連:【いなフリ参加を考えている人に伝えたいこと】田舎フリーランス養成講座メンター講師体験談

 

今、「いなフリ」でGoogle検索すると、

僕の書いた記事2つが上位に表示されます。

 

「いなフリに参加予定の人が事前に読む記事」として定着したようで、

その後いなフリに参加した人からは

「・・・イカさんですよね…?」

と声をかけられるようになりました。

 

PV数も伸びました。

 

収益も伸びはじめていました。

 

順風が吹いてきたようです。

「夢に見た1万PVまでもうすぐ!」

 

11-12ヶ月目:特需が消え、通常営業に

 

5月に横浜から金谷に家族で引っ越しました。

 

これにより、貯金は5万円に。

「まずい!家賃が払えない!」

 

あわててこんなツイートをしました。

 

 

このツイートは29リツイートされ、

その中にフリーランス界隈の有名インフルエンサーもいたため、

 

ツイートを見る

プロフィールを見る

ブログを見る

 

という流れでブログに来てくれた人が多かったようです。

関連:「助けてください」と言った日

 

そういった特需がなくなった月、それが6月でした。

5月と6月の訪問者数の違いを見ると明らかです。

 

5月には全体の17%を占めていたSNS経由の新規ユーザー

6月には全体の4%まで落ちています。

13%減。

 

PV数8000。

6月・7月と続いたこの数字は、

特需がなくなった今のリアルな実力なのだろうなと思っています。

 

終わりに

ブログをはじめてから、人生がめまぐるしく変わりました。

コワーキングスペースに籠もって

ただひたすらにアプリを作り続ける毎日だった僕の日常が、

旅をし、人と出会い、記事を書くという日々に変わりました。

 

見た目も大きく変わりました。

こんな普通の裸足ランナーアプリ開発者だった僕が、

 

こんなうさんくさい見た目の裸足ブロガーになったのです。

 

次の1年、僕はどんな風になっていくのでしょうか?

1年後、またこんな振り返り記事を書こうと思います。

 

その時まで、

イカ太郎オフィシャルブログ改め

裸足と瞑想の日々

よろしくおねがいしますっ!