MacBookは定期的に裏ブタを開けて掃除したほうがいい→ネジがゆるむから

イカ太郎

こんにちは、MacBook大好き・イカ太郎です

ここ1週間ほどMacのファンから

カリカリカリカリ……

と小型扇風機のような異音がしていました。

うっとおしくてたまらなくなり、この2つのアイテムをAmazonで購入し裏ブタを開けてみました。

10か所のネジを外すだけで簡単に外れた。

 

するとこのとおりホコリだらけ。

中央のファンとその上の噴出孔のところがヒドイ。

ホコリの束を引っこ抜いたところ

 

しかも、驚くべきことにネジが3つも外れてたんです。

3つのネジの種類が微妙に違う。

この他に2ヶ所、緩んで外れそうになっているネジがあった。

最初は

「えっ!?ネジがない!!」

ってびっくりしたんですが、機械内部のくぼみに挟まっていました。

イカ太郎

この外れたネジがファンの異音の原因になったんじゃないの?

 

僕がこのMacBookを買ってから7年が経ってるんですが、その間10回ほどAppleストアのジーニアスバーで点検してもらい、その度に内部掃除をしてもらってます(無料)。

一番直近でジーニアスバーで掃除してもらったのは半年前です。

たった半年でこんなにホコリだらけになるし、ネジが緩んで外れてしまうものなんですね。

 

そんなわけでMacBookから異音がし、フタを外して清掃した結果以下の3つのことがわかりました。

  1. 半年でMacBook内部はホコリだらけになる
  2. MacBook内部パーツのネジは増し締めしないと外れる
  3. エレコムのブロワースプレーは噴射パワーが弱い

エレコムのブロワーの噴射力は弱い

そうそう、購入したこのエレコムのブロワーは噴射パワーが弱かったです。

もともと僕は写真屋で働いていたことがあるんで、業務用エアダスターのすばらしい噴射パワーが常識化していたのでショックでしたね。

業務用に使う噴射パワーのステキなやつ👇

でもこのイワタニのエアダスターは単品売りしてないみたい。

なので、エレコムのエアダスターで我慢するしかなさそうです。

まぁMacBook内部のホコリを吹き飛ばすには十分なんですけどね(笑)

MacBookのネジは星型の特殊形状なので普通のドライバーじゃダメ

MacBookのネジは特殊な形状なので、普通のプラスやマイナスの精密ドライバーでは開けません。

見ての通り星型になっています。

でも操作は普通のドライバーと同じなので開けるのは簡単です。

ネジが非常に小さいのでなくさないようにお皿などに載せるといいですよ。

小さなカップにネジを入れてる。

定期的に開けて増し締めしたほうがいいと思った

結果的にMacBook内部のファンがカリカリいう異音は直りませんでした。

外れたネジのせいでどこかが変形してファンに接触しているのでしょう。

MacBookのファンはマザーボードと一体になっているので、マザーボードまるごと交換しないといけないので修理費が非常に高額になります。

以前交換したときは4万くらいかかりました。

どうしよう…。

 

今度からはこういうことのないように定期的に裏ブタを開けてネジの緩みを点検し、増し締めしようと思いました。

ホコリも想像以上に早くたまるしね。

失敗から学ぶことは多いです。