iPhoneのバッテリー交換でAppleに送ったら修理日数が32日かかった話

 

イカ太郎

iPhone快適に使えてますか?

こんにちは。元iPhoneアプリ開発者のイカ太郎です。

 

実は年末年始の1ヶ月、スマホなしで暮らしていました。

理由はAppleにバッテリー交換修理を依頼したこと。

1週間くらいで終わるかと思いきやまさかの一ヶ月に。

 

その間まさかのトラブルもあったので、今日はそんなお話をしようと思います。

 

ちなみに修理内容はバッテリー交換のみじゃ。

32日もかかったのはAppleが特別な値段でバッテリー交換オファーをしていて駆け込み需要がすごかったから。

通常はそんなにかかることはないようだぞ。

デブッダ

きっかけ

3200円でバッテリーが交換できる!?

きっかけはこんなツイートを見たことでした。

「通常より5,600円も安い3,200円でバッテリー交換できるの!?」

使っているiPhone6s plusのバッテリーがここ1年くらい異常に持たなくなっていて、数時間で切れてしまう状態だったので渡りの船の情報だったのです。

ジーニアスバーに空きがない!

Apple製品の修理相談といえば表参道や銀座のジーニアスバー。

予約を取って端末を持っていけば驚くほど親切に対応してくれます。

12月13日に予約の空き状況をチェックしたところ、年末までビッシリ埋まっていました。

イカ太郎

今までこんな状況みたことない…

配送修理へ

ジーニアスバー以外の方法を知らない僕は途方にくれましたが、Appleサポートの公式サイトを見ていたら配送修理という方法があることが分かりました。

ググってみると通常バッテリー交換の目安は1週間から10日ということ。

持ち込み修理より時間かかるけど仕方がない…

そう思い申し込み。

翌日ヤマト運輸さんが来て持っていってくれました。

ヤマトさん

iPhoneの引取りに来ました〜!
あ、これです。よろしくおねがいします〜!

イカ太郎

と気軽に渡したのですが、渡した証明になる紙なども一切なし。

これが後のトラブルの元となるのです。

トラブル

1週間経っても10日経っても戻ってきませんでした。

でもこう思ってました。

「3,200円修理は年末までだから依頼も殺到しているのだろう。もう少し待ってみよう」

 

我慢の限界に達したのが12月28日。渡してからほぼ2週間経った日でした。

「さすがにこれは遅すぎる。このままじゃ年末年始iPhoneなしじゃないか!」

 

Appleサポートの公式ページで現在の修理状況をチェック。

すると驚くべきことが発覚したのです。

ヤマト運輸に渡したはずの端末がAppleに届いてない!?

公式ページの受付済み修理データの現在のステータスを見たら

【 運送会社がiPhoneを取りに行きます 】

という状態だったのです。

 

イカ太郎

・・・ど、どういうことだ?端末はもう渡したぞ?見覚えのあるヤマト運輸の兄さんだったから間違いないぞ?

心臓が止まりそうなほどビックリしたし、冷や汗が出ました。

 

引換証ももらってない。

もしかしてあの配達員さん、忙しすぎてAppleに送り忘れた?

もしくは考えたくないけど、、、、あの人に盗まれた??

ヤマト運輸に問い合わせる

気がついたのが夜中の3時ころだったので、朝が来るのが長く感じて仕方がありませんでした。

状況を確認しようにも確認できない。

 

朝9時、ようやく電話ができました。

担当のヤマトの営業所には直接電話はできなかったので受付センターへ。

状況を説明し、Appleの修理受付番号を伝えて調べてもらうことに。

受付センターの人も不慣れだったので不安になりました。

イカ太郎

こんな伝言ゲームでうまくいくのだろうか?

でも連絡を待つしかないのです。

Appleに問い合わせる

Appleに問い合わせしようと思いましたが、チャットでのサポートさえ受けられませんでした。

Appleケアに入ってないと対象外なのです。

「12万円も払って買ったiPhoneがAppleケアに入ってないだけでトラブル相談さえ受けてくれないなんて!」

と思いましたが、さすがにあきらめきれずAppleサポートのページ内をしらみつぶしに読んだところ、発見したのです。

サポートの電話番号(0120-27753-5)を!

 サポートや修理サービスに関する Apple へのお問い合わせ

 

「本当に合理的な理由があるのならかけていい」と書いてありました。

間違いなくある!

 

かけてみると当然電話は殺到していてなかなか電話はつながりません。

待っている間に聞く曲のジャンルを選べるのがAppleらしくておもしろかったです。

 

結局全10曲ほど聞き、30分ほど経った時ようやく繋がりました。

状況を説明し調べてもらった結果、端末はAppleに届いていることが分かりました。

Appleサポートページのステータスがおかしいだけだったのです。

まだ修理にさえ入っていない

あまりに時間がかかっているのでどういうことか?と質問したところオペレーターさんが教えてくれました。

  • 修理が殺到している
  • 現在修理しているのは12月4日に届いた分(24日前)
  • 12月17日に届いたあなたの端末がいつ修理に入るかはまったく分からない

 

いつ戻ってくるのかまったく分からない状態だということが判明しましたが、心の中は安らかでした。

iPhoneがなくなったわけではないだけで嬉しい。

ヤマト運輸は状況をつかめないでいた

ヤマト運輸はちゃんとAppleに届けてくれていたことがわかったので、お詫びの電話をしようと思いヤマトさんに電話しました。

最初に電話をしてから1時間以上経っていたんですが、話を聞くとまだ状況が全然つかめていないとのこと。

受け取った配達員の特定をしようとしていたようです。

Appleから来ていたヤマト運輸の手配番号も教えていたんですが、数字データがあってもそう簡単には状況は特定できないようですね。

 

iPhoneはちゃんとAppleに届いていたことを伝えるとホッとした声をしていました。

よかったよかった。



修理完了・到着

32日が経過した1月16日の夜、ようやくiPhoneがわが手元に帰ってきました。

おかえり!

わずか1ヶ月のことなのにずっと前のことのようです。

年も明けましたしね。

端末は初期化されていた…

上の写真で見ての通りキレイに梱包されていて、本体両面にはフィルムカバーもされていて新品を受け取ったような気持ちでした。

いそいそ箱から出して起動ボタンを押してみる。

ちなみに久しぶりすぎてボタン押す場所間違えてました(笑)

 

りんごのマークが現れ、画面が立ち上がると、なんと初期化されてました。

イカ太郎

そこまで新品同様にしなくていい!

バックアップ取っておいてよかった!

 

初期化するのって配送修理の標準仕様なんですかね?

ツイッターで調べた感じ、けっこう起こることみたいですね。

ゲーム課金ユーザーの悲しい叫びがけっこうあったので、スマホゲーマーはデータが消えることを覚悟して修理に出す必要がありそうです。

復元しても銀行系のアプリは初期化されていて面倒なことに…

ゲームはやってないので復元後に課金データを失うような痛い思いはしませんでしたが、銀行アプリが初期化されていて面倒でした。

銀行口座やパスワードで再ログインしないといけなかったし、ワンタイムパスワードの登録申請もやりなおし。

 

住信SBIネット銀行アプリが1番困ってます。

パソコンからログインする時、スマホでロック解除するスマート認証というセキュリティシステムを使うんですが、スマホアプリが初期化されてしまったからログインできないのです。

それなのにスマホのスマート認証を再び使えるようにするためにはパソコンでログインして専用のQRコードを読み込まないといけない。

という2匹の蛇がお互いにしっぽから食い合っているような状態になっててどうにもならないので現在問い合わせ中です。

※銀行のサポートから返答がすぐに来て、ログインせずにスマート認証だけを解除する方法を教えてもらいました。

スマホがなくて不便だった5つのこと

1ヶ月間スマホなし生活でした。

iPadで代用していたんですが、iPadじゃ代用できなかったことが5つほどありました。

ここでそれを話ししてもいいんですが、流石に長すぎるので別の記事にしました。

「気になるぞ!」という人は読んでみてください。

スマホなしで1ヶ月暮らしてわかったタブレットで代用できない5つの機能

あくまで僕のケースですが、スマホの本質が見えてきますよ。



まとめ

今回の3200円修理はAppleの方もてんやわんやだったようですね。

 Appleがバッテリー交換を60%以上値引きしたことで1100万台ものiPhoneがバッテリーを交換することに

「古いアイフォンの性能を意図的に操作して落としたお詫びにバッテリー交換を60%オフ」って…

アップルもとんでもないことやる会社になったもんです。

 

1ヶ月iPhoneがありませんでしたが、どうしようもなく苦しいということはありませんでした。

逆にiPadを使う機会が増えて、今まで以上にiPadと仲良くなれたような気がします。

 

最近なんかはあまりに慣れすぎて「もうずっとiPhoneなしでもいいんじゃない?」とか思いかけていたけど、さすがにずっとないのはちょっとキツイですね。

iPadは流石にデカすぎる!

手に持たず小さい端末をポケットに入れておける快適さはやっぱり素晴らしいものがあります。

 

スマホ依存もだいぶ収まったようで、SNSが気になって仕方ないということも今はなくなっています。

不便でしたがいい経験でした。

もう同じ経験はしたくないですが、たまにはスマホなしで暮らすのもいいもんですよ。