【おフロで使えるホワイトボード】が、退屈だった子供との入浴タイムを変えてくれた!

 

イカ太郎

こんにちは、イカ太郎です

 

最近、子供とのお風呂の時間が苦痛でした。

 

子供楽しんでいることを僕が楽しめなかったのです。

「パパもやって!」と言って計量スプーンを渡してくるけど、それでチマチマお湯を入れ続けても僕にとっては全然おもしろくない…

 

そんな僕でしたが、

「せっかくなら子供との貴重な時間を自分も思い切り楽しみたい!」

そう思って、自分も子供と前のめりで遊べる方法を考えました。

 

僕は絵を描くのが好き。

それならバスタイムもお絵かきの時間にしてしまえばいいのです!

 

それで買ったのがこれ↓

お風呂でも使えるホワイトボードです。

 

結果的に大成功!

娘と僕のお風呂時間がとても楽しいものになりました。

 

今回はこのホワイトボードで僕と娘がどんなふうにお風呂時間を楽しんでいるか紹介します!

 

こんな人にオススメ

・子供とお風呂を楽しむ方法を知りたいパパ

・お絵かき好きなパパ

 

 

水に濡れても大丈夫!

 

お風呂でお絵かきしたいなぁと以前から思っていたんです。

 

イカ太郎

でもお風呂に紙は持ち込めないしなぁ

 

なーんて思っていたらツイッターで流れてきたんですよね。

お風呂で使えるホワイトボードJIKKYのことが。

 

これだー!

と思いましたね。

 

プラスチックのボードに砂鉄が入っているだけのシンプルな構造だから、

・電気回路が壊れることはないし、

・お風呂の熱で変質することはないのです。

 

ペンと消しゴムが一体化してるから薄くてコンパクト!

昔からあるお絵かきボードってこういうやつです↓

下にレバーがあって左右に移動すると描いた絵が消える。

 

でも今回買ったJIKKYには消すためのレバーがないのです。

ペターっとしていて何もない

 

 

最初は「どうやって消すんだろう?」 って思いました。

 

答えはこれ↓

ペンのヨコに磁石がついているのです。

 

この磁石をボードの裏面に当てる。

そしてスーッとヨコにスライドすると消えるのです。

 

ペンの収納場所はここ↓

磁石でピタッとくっつくようになってます。

すごくコンパクト。

 

いろんな遊び方

ボード内の砂鉄が出てくる様子を観察

最初はただただ2人でお絵かきを楽しんでいたんですが、途中でおもしろいことを思いつきました。

 

イカ太郎

ボードの隙間から砂鉄が出てくるところを見せたらどんな反応するかな?

 

「ペンの先っぽを見てみて〜」

と言って注目させ↓

 

ゆーっくりペンを近づける。

するとジワーッとボードの裏に隠れていた砂鉄が表に出てくる。

 

最初は

「パパは何を言っているんだろう?」

という表情をしていた娘もボードの仕組みにビックリ!

 

「チャイもやる〜!!」

と言って、自分でゆっくりペンを近づけていました。

 

絵を描くだけでなく、物の仕組みを教えることもできました。

一石二鳥!

 

何を描いているんでしょうかゲーム

このJIKKYは裏面の状況を見ることもできるため、こんな遊び方もできました。

僕がおもて面に描くと裏面に絵が出てくる

 

このほどよい見づらさがちょうどいい感じ。

 

お風呂にあるものを描いてみたり、家の中にあるシンプルなものを描くといいですね。

 

模様を書き続けるゲーム

何か特定のものを描くのではなく、模様を描くというのも手です。

やるべきことが明確で、ひたすらこなしていくうちに気がつけば没頭してしまいます。

 

僕らは最初こんなことをやってました。

1. 丸を敷き詰めて

 

2. 丸の中に点を打って

 

3. 丸を線でつなげていく

 

いろんな模様を自分たちで考えていくのも面白そうですね。

 

お風呂に入る前に描くネタを仕込んでおこう!

最初のうちは描くネタが思いつかなくなってくるのがネックでした。

「次は何を描こうかな〜」の時間が長い。

 

なので、お風呂に入る前に図鑑を見るようになりました。

先に図鑑で

・動物

・乗り物

・植物

・海の生き物

などを見ておくと、お風呂に入っているあいだ次から次へとネタが浮かぶようになるのでいいですよ。

 

↑このカード図鑑すごくオススメです。

暗記カードみたいに1枚ずつ見せていけるので、名前を覚えることが楽しくなるみたい。

覚えたばかりのものを答えられた時、娘はものすごく嬉しそうな顔をしますよ。

 

自分の好きと子供の好きをつなげよう!

思うんですが、

親が子供と一緒に本気で楽しんでいること

これが1番大切な気がします。

 

遊びに付き合ってあげてる

自分が楽しめていないとどうしてもこう感じてしまいます。

でもそれでは長くは続けていけない。

 

子供の頃、父親と母親の笑顔を見るととても嬉しかったのを覚えています。

 

一緒に遊び、一緒に楽しむ。

そのために「自分の好き」と「子供の好き」をぜひ繋げてみてくださいね!