無料で読める本はモチベーションが湧かない??

無料の読書・有料の読書

 

 

イカ太郎

こんにちは!イカ太郎です!

 

先ほどコワーキングスペースで本を読んでいたら、こんな会話が聞こえてきました。

「無料で読める本はモチベーションが湧かないんだよね」

 

その瞬間、読書への集中力は切れて、自分の場合を振り返った。

「そういえば思い当たるフシがある…」

2人の会話に入れてもらいました。

 

話してみたら有料・無料の本に対する感じ方が三者三様で面白かったので、紹介することにしました。

きっとこれを読んでるみなさんも、それぞれ別の感じ方をしているかもしれませんね。

「分かる分かる〜」とか「俺は全然違うなぁ〜」とか言いながら楽しんでくださいなー!

 

1. イカ太郎の場合

まずは一人目。僕。

Kindle Unlimitedの読み放題サービス

無料で読める本と聞いて最初に思ったのはKindle Unlimitedというサービスでした。

月額980円で、かなり多くの本が読み放題になります。

人気タイトルも有名どころのものが多いです。

このサービスがおととしの夏にリリースされてすぐに加入しました。

 

最初は読みたいタイトルがたくさんあったので結構夢中。

この本とか、

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

この本とかかなり面白かったです。

感覚について: ヴィパッサナー実践の道しるべ (初期仏教の本)

感覚について: ヴィパッサナー実践の道しるべ (初期仏教の本)

 

読みたい本がたくさんあるうちはよかったんですが、そのうち読みたいと思える本が減ってくる。

しばらくして主体的には探さなくなりました。

とはいえ、ネットをウロウロしていると、Unlimited対象の本がオススメされていることが結構あったので、ダウンロードしたりしてました。

10冊までダウンロードが可能です。

 

ところが「読みたい!」と思ってダウンロードしていた本なんですけど、意外なほど読まなかったんですよね。

ずっとKindleの本棚に収まったまま。

本の存在を知った時には「読みたい!」と思ったのに、ダウンロードから時間が経つと、その時のモチベーションは消えてしまっていたのでした。

これは電子書籍だけでなく、紙の本もそう。

本は新鮮なうちに読んだ方が良さそうです。

 

図書館で借りる本

お金に困っている時代、僕を救ってくれたのは図書館でした。

お金がある時みたいに新刊は読めないけど、出版からある程度時間の経った本は図書館で借りれます。

読みたい本があったらカーリルというwebサービスを使って図書館にないか検索。

図書館にあったらラッキー。

予約をします。

でも人気の本は前の人が返してくれないと読めない。

5人待ち以上は絶望的に待つことになる。

そういう時は買うしかありません。

 

図書館で借りる本も無料で読めます。

時には何冊も借りることもある。

でも結構ちゃんと読むんですよね。

読み始めて「思っていたような本じゃなかったな」と思った時は読まないけど、少なくとも最初の方はちゃんと読む。

ここら辺がKindle Unlimitedとは違うところ。

 

Kindle Unlimitedと図書館の本は何が違うのか?

図書館の場合とKindleの場合で何が違うのかな?と思ったんで考えてみました。

きっとこの2つの理由で図書館の場合は読むのだと思います。

1. 本を目にする機会がある

Kindleの中にダウンロードしている場合、Kindleを立ち上げて、一覧ページを見ない限り、ダウンロードした本を見ることはありません。

端末も小さいから、10冊入っていたとしても表示されないことの方が多い。

対して図書館の本は家のどこかに置いておくことになります。

結果、日常生活を送りながら目にすることがあるので、読むきっかけが生まれやすいのではないかと思いました。

 

2. 返却期限がある

Kindle Unlimitedには貸出期限というものはありません。

サービスに加入している限り、最大10冊の本を端末の中に保存しておけます。

対して図書館の本には貸出期限がある。

僕の住んでいる横浜市の場合、2週間。

2週間でどうしても返せない時は、(次に借りたい人がいなければ)2週間だけ延長可能。

最長4週間借りられます。

 

「また借りるのはめんどくさい」

そう思うから、期限が近づいたら必死に読む。

貸出期限が読むモチベになっていることは間違いないでしょう。

 

2. パラレルワーカー小太りさんの場合

2人目。

ブロガーとして生計を立てられるようになった後で会社員になるという、普通とは逆のパターンでパラレルワーカーという働き方を提唱している小太りさん

ブログ:コブログ | 「会社×個人」のパラレルキャリアを発信

通称・コブちゃんです。

 

先ほどのセリフを言ったのはこの人。

「無料で読める本はモチベーションが湧かないんだよね」

 

読書が大好きな人なので、基本的には本を読むモチベーションは高いはず。

先日はいっこーさんという読書大好きブロガーと、こんなオンライン読書サークルを作ったくらいですからね。

関連:ゆるい読書好きのためのオンラインサークル「4Demi!」を始めました。メンバー募集中です!

 

 

買った本ならモチベ湧くけど、無料の本はモチベ湧かない。

なんでなんですかね?

 

試しに図書館の場合について聞いてみました。

イカ
図書館で借りた場合ってどうなの?
小太り
図書館で借りることはほとんどないんですけど、時々借りますね。
小太り
でも借りる時は「せっかくやし、いっぱい借りとこ!」って思って10冊くらい借りるんです。でも2冊くらい読むだけで、残りの8冊は読まないんですよねー

 

「ほうほう、なるほど」と思った。

しかし、よく考えてみたら、

イカ
それってオマケで借りたやつって最初からモチベ低いんじゃない?

 

そしたら、

小太り
ホンマですね〜w

と笑ってました。

 

とにかく買った本が好き。

買った本なら高いモチベで読むことができる。

これがコブちゃんの特性のようです。

「読書のためならお金に糸目をつけない」

これが真の読書家??

 

3. スーパーフリーランス・くろぽんの場合

3人目。くろぽん。

ブログ:くろろーぐ

 

新卒フリーランス。

大学卒業後、そのままフリーランスとして活躍している人。

ライター・サイト制作者。

いつも穏やかながら、機械のような思考の速さを生かし、わずか数ヶ月で月間収入100万円を突破!

ハンパねぇ。。

年齢と能力は全く関係ないわ。

 

くろぽんは僕らと違ってKindle Unlimitedなどの無料で読める本を生かしまくっているとのこと。

どんな風に生かしているかというと、こういうことらしいです。

大量の本をザーッと読むのにいいんですよ

 

なるほど!流し読みして新しい情報を一気に取り入れるときに使えるのか!

そんな風に考えたことなかったわ。

きっとライターの仕事もやっているから、記事を書くときに必要な情報を大量に知る必要があるんだろうね。

 

4. まとめ

というわけで、会話のちょっとしたことをきっかけに、有料の本と無料の本の違いだけでなく、本の読み方についても知ることができました。

分かったことをおさらいしておきましょう。

1. ダウンロード後すぐに読まないと読書のモチベーションは落ちる

→ 本は鮮度が命。早めに読みましょう!

2. 読める期間が決まっているとモチベーションはキープできる

→ どうしても読む必要のある本は図書館を利用するのもアリかも!

3. 図書館の本は読むきっかけがつかみやすい

→ 場所は取るけど、「そのうち読もう」と思った場合は紙の書籍の方がいいのかも?

4. 無料の電子書籍は大量の本から情報を得るときに便利

→ ネットではなく本から一つのテーマについて包括的な情報が欲しいときには無料の電子書籍が便利!

 

紙の本か・電子書籍か、

有料か・無料か、

 

状況によって最適な入手方法を選ぶと読書のクオリティが上がりそうです。

 

じゃ、この記事はここまで!

またねっ!!