フィリピンへ出発! – イカ太郎のセブ物語0日目




 

おはようございます、イカ太郎です。

ただ今朝の8時。

羽田空港にいます。

お遍路から戻って10日。

今日からフィリピン編のスタートです。

今回は4週間。

フィリピンのセブ島で英語を学びながらフリーランスとして生きていく道を模索する旅です。

 

海外フリーランス養成講座

今回はね、個人旅行じゃないんです。

コワーキングスペースまるもを運営しているponnufが毎月開催している田舎フリーランス要請講座の海外版、海外フリーランス養成講座に参加するのです。

しかも第1回

はじめての試み!

こういうの大好き!

だって内容だってあんまり固まってないはずだから!

つまり今後の海外フリーランス養成講座の展開はこの1回目にかかってるわけです。

やったるぞー!

 

規定の3週間 + 1週間 = 4週間

期間は10月29日から11月18日までの3週間。

僕は前日入りして1日街を歩き回り、期間が終了したあとも6日の猶予期間を取って航空券を取りました。

なので合計4週間。

1日早く入国した方が5000円安かったんですよね、航空券が。

浮いた5000円を有効活用。

韓国ソウルで8時間のトランジットの時間があるので、ソウル観光して、フィリピンでも安宿で2泊することができそうです。

 

平日はみっちり英語の勉強

セブといえば10年くらい前から韓国人と日本人の英語学習のメッカですよね。

海外フリーランス養成講座もバッチリ英語学習をサポートしてくれます。

本気で英語力をつけたい人のための学校「サウスピーク」でお世話になる予定です。

 

英語は長年勉強してきたので、少し喋れるんですが、サウスピークに組んでもらったカリキュラムの発音矯正レッスンがいい感じ。

教材として指定された日本の英語学習本を予習するように言われたので、ここ1週間ほどやってみたら、もう1段階上のレベルの発音を身につけることができる気がしています。

教科書として購入した本は6冊。

CD BOOK <フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 (アスカカルチャー) CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー) 一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス) 英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる 頂上制覇 TOEIC(R)テスト スピーキング/ライティング 究極の技術(テクニック) (頂上制覇 TOEIC(R)テスト 究極の技術(テクニック) シリーズ) TOEIC Speaking & Writing 公式 テストの解説と練習問題

今のところフォニックスの本と英文法の本を読んでるんだけど、両方ともすごくいいです。

英語学習書籍、8年前よりだいぶ進歩してますね。

 

基本的には本が先生になるみたいです。

フィリピン人の先生はチェッカーという立ち位置。

「本から学んだことが使えるのか、通じるのか」といったことをレッスンの中で修正していってくれるそうです。

1日の流れは予習2時間、マンツーマンレッスン3時間、グループレッスン1時間、復習4時間。

合計10時間、毎日英語学習に当てます。

ふお〜!スゲー!試験前の学生みたいだ〜!

オジサン若返っちゃうかも〜。

 

週末はフリーランス活動

英語学習の後は本命のフリーランス活動です。

休んでる時間はないね。

すべてを楽しんでいくよ!

現地でのフリーランス養成講座をサポートしてくれるのはこの2人!

カルロス

現地サポーター/イベント担当のカルロスとなります。
フィリピンにて現地交流会やイベント企画を中心に関わり、フィリピン滞在期間をより有意義で価値ある時間にし、ともに成長して楽しんでいきます。
サウスピーク卒業生でもあるので、サウスピークはもちろんフィリピン事情にも詳しいです。
Blog:『カルロス天才.com』 /twitter:@crls1031

 

のんちゃん

日本/現地サポーターのもぐらのぞみとなります。
日本にて参加希望者の悩み相談やプログラム開始までのサポート、現地でのサポートなど担当しています。フリーランス向けにライティング講座などもしているので、フリーランススキルを高めたい方はぜひ話してみてください!
Blog:『もぐらのぞみのPR!』 /twitter:@robotenglish

 

田舎フリーランス養成講座でメンターをやってきた猛者!

よろしくお願いします!

 

まずはソウル&セブ探検から!

実はもう書き始めてから時間が経過して夜になっています。

ほら。

ただ 深夜2時。

セブの安宿に到着しました。

マクタン・ディストリクト・バジェテルというホステルです。

ドミトリー1泊860円なり。

空港からタクシーで5分ほどの場所。

 

今日はなかなかの冒険でした。

まずは羽田からソウルへ。

キンポ空港で出国してソウル市街へ。

若者の街を2時間ほど歩き回ってからインチョン空港へ。

そしてソウルからフィリピンのセブへ。

 

海外旅行に不慣れだから、あらゆることが挑戦。

ソウルでは

インフォカウンターで空港間とソウル市街の移動方法を聞いたり、

(日本人用カウンターは混んでてどうしようもなかったので、中国人用カウンター で教えてもらいましたw)

ATMでウォンをゲットしたり、

地下鉄のチケット買ったり、

ハングル読めないから適当な店に入って、レストランの場所を教えてもらったり。

 

セブでは

Uberを使ってみたかったので、Uberでタクシーを配車したり、

ドライバーと会えなくてもう一台配車したり、

やっと会えたUberの運転手が宿を見つけられず迷ったりしてました。

 

日本を旅することがどんなに楽なことなのか思い知らされましたね。

でも面白かった!

ドキドキはしたけど、こういうドキドキ嫌いじゃない。好き!!

やっぱり海外はおもしろいなー!

 

海外フリーランス養成講座のスタートはあさってからだから、明日もフリータイムです。

セブをぐるぐる歩き回っちゃうよ!

 

時間を作ってブログも更新していきますのでお楽しみに!

 

海外フリーランス養成講座の最初のタスクは15分の自己紹介プレゼンの準備!

今日は朝まで3階ラウンジまで作業して、朝になったら少し眠ろうと思います。

またねー!

 

 

次の日記

空港からセブ市街まで歩きまくり – イカ太郎のセブ物語1日目




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です