ハチに刺されたときにやってはいけない対処法3つを全部やってみた

イカ太郎

こんにちは、イカ太郎です。

先日釣りをしようと思い、ミミズを取りに草むらへ行ったところ、アシナガバチに刺されました。

転がっていた植木鉢をひっくり返したら下にハチの巣があったんですよね。

この下にめっちゃいた。

あっという間に取り囲まれていました。

 

最初は何が起こったのかわからず。

状況がわかってからすぐに逃げたのですが、すでにカラダの数カ所にハチが止まっています。

「ヤバい!刺される!」

そう思って手ではたき落としたものの時すでに遅し。

ガブリ!

腕に刺すような痛みがやってきたのです。

 

今ぼくがこれを書いているのは刺されてから2日後。

今でもメチャ腫れていて、ジンジン痛痒いです。

 

というわけで今日はアシナガバチに刺されたぼくがやった対処と経過についてお話します。

刺されたことのない者は疑似体験するとよいぞ。

デブッダ

刺されてからの対処

けっこう大型のハチでしたがアシナガバチのようだったので、

イカ太郎

ま、死ぬわけでもなしほっとくか〜

と思い、痛かったですが放置してました。

近くにいたおばちゃんは

と叫んでいるのですが、刺された場所が悪くて口が届かないんですよね。

「そんなに吠えるなら吸ってくれればいいのに…」

とは思うものの、おばちゃんに吸ってもらうのもなんなので

「ま、いいわ。痛いだけだしほっとこ」

となったわけです。

腫れた部分を絞ったら液体が出て痛みが和らいだ

痛かったですが「まぁ面白いネタができたわ」と思った僕はコワーキングスペースに戻り、仕事場の仲間に

イカ太郎

ハチに刺されちゃったよー

と笑いながら話したのですが、思った以上に周りがドン引きしています。

親切な友達はソッコーでハチに刺されたときの対処法を調べてくれました。

  • 毒を吸い出す
  • 刺された部分を圧迫して毒を出す
  • 水で洗い流す
  • 冷やす

せっかく調べてくれたので、やれることをやりました。

ボコッと膨れた部分をギューッとつねる。

蚊に刺されるとプクッと膨れるじゃないですか。あれの超デカイバージョンって感じです。

すると刺された部分から血の混じった透明な液体が出てきました。

イカ太郎

もしかしてこれがハチの毒なのかな?

そう思ったので水で洗い流しました。

これでスッキリ。

 
すると5分くらいすると刺すような痛みはなくなりました。

ギューッと絞って毒を出す作戦はけっこう効果があるみたいです。

悪化することもなく1日が経った

刺されたのが午後3時くらい。

患部をつねって毒を出したら楽になり、その後は何事もなくすぎました。

安静にしていれば特に悪化はしませんでしたね。

やっちゃいけないことを全部やってみた

翌朝はちょっと痛みがあるだけで腫れているわけでもなかったので

イカ太郎

もう毒の影響はなさそうだな〜。

とタカをくくってました。

そして近所にある山へ仲間と登山へ。

  • 早朝から昼間で登山
  • 昼は温泉でのんびり
  • シメはキンキンに冷えたビール

というコースを堪能しました。

 

一緒に行った仲間は非常に楽しかったようです。

僕も最高に楽しみました。

が、しかし、夕方から腕がパンパンに腫れ上がってきたのです!

ハチに刺されたらやってはいけない3つのこと

実は前日、ハチに刺されたときの対処法を調べてくれた友達が「やってはいけない3つのこと」を教えてくれていました。

  • 運動
  • 飲酒
  • 入浴

それほど意識していなかったのですが、気がつけば3つともコンプリートしていたのです。

間違いなく悪化の原因はこれでしょう。

 

なのでよくわかりました。

「やってはいけないことはやってはいけない」

やっちゃダメと言われるとやってみたくなる気持ちは分かる!

ポチャナンダ

やってはいけないことをやると起こること

運動・入浴・飲酒をしたら腫れ上がったんですが、どんな症状になるのかをお伝えしたいと思います。

熱を持つ

とにかく患部が熱くなります。

腕にホッカイロを当ててるみたいです。

かゆい

基本的に痛痒いのですが、痛いというよりは痒いという感じです。

爪でかくとめちゃくちゃ気持ちいいです。

感度が高まっているのだと思います。

 

でもその気持ちよさは掻いているときだけ。

さらに熱が高まります。

熱が高まればさらに痒くなります。

  • 痒い
  • 掻く
  • 気持ちいい
  • 熱が上がる
  • さらに痒くなる

の負のループに入らないように気をつけてください。

氷で冷やすと痒みが収まる

夜中に寝ているとジンジン痒くて目が冷めてしまいました。

しかたがないので冷凍庫から保冷剤を出してきて冷やしました。

すると痒みが収まりぐっすり眠ることができました。

 

もし可能であれば冷却能力の非常に高い氷水を用意するといいでしょう。

安眠効果間違いなしです。

結論

今回の一件ではいくつかの発見がありました。

  • アシナガバチに刺されると痛い。けっこう痛い。
  • 毒抜きをして安静にしていれば悪化はしない
  • やってはいけないことをやると急激に悪化する
  • 30年ぶりなら2回刺されてもアナフィラキシーショックにはならない

ハチに刺されたのは小学生の時以来。

30年ぶりです。

よく言うじゃないですか。

「ハチに2回刺されるとアナフィラキシーショックになるぞ」

って。

 

でもとりあえず今回のことでわかりましたね。

めちゃくちゃ時間が経過していれば2回刺されても大丈夫だと。

 

調べてみるとアナフィラキシーショックというのはアレルギー反応のようです。

一般にはハチに刺されると、刺された部位に「赤み、腫れ、痛み」などの局所症状が起こりますが、数日で治まります。しか
し、一部の人には全身症状が起こることがあります。全身症状には「全身のじんましん、顔面の腫れ、吐き気、嘔吐、動悸」な
どさまざまなものがあります。重症になると「呼吸困難」に陥り、さらに「蒼白、意識障害」などのショック症状が起こります。こ
の場合、治療が遅れると命にかかわることがあります。


全身症状は、主にハチの毒に対するアレルギー反応によって起こります。アレルギー反応によって起こる全身症状を「アナ
フィラキシー」といい、ショック症状に至った場合は「アナフィラキシーショック」と呼ばれます。

あすなろ武川薬局だより

僕の場合は強烈なアレルギー反応が出なかっただけで、体質によっては最悪のケースでは死に至ることもあるみたい。

年間に日本では30人くらいが毎年ハチで死んでいるとのこと。

 

というわけで僕は好奇心もあってどうなるんだろうな?と実験をしましたが、賢明な皆さんは刺されないように気をつけてくださいね!

 

イカ太郎

この動画をリリースしたら造園屋の知り合いにこんなものを教えてもらいました。

草むらで仕事するときはこれを持ち歩くそうです。