ダイレクトな接地感が欲しければ、バッシュのインソールは捨ててしまおう!

 

イカ太郎

こんにちは、裸足を愛するバスケットマン・イカ太郎です

 

バスケットしてますか?

僕は中学3年生の時にバスケを始め、かれこれ30年近くバスケをしてます。

本当にバスケが好き。

でも全然うまくならない。

若い時はそれが苦しくて「バスケなんてやめたい」と思ってた。

でも呪われているかのようにやめられませんでした。

合わせて読みたい

【バスケットボール】全然うまくならない苦しみの果てにわかったこと

 

そんな僕ですが、1年前からまたバスケを再開しました。

バッシュは全部捨てちゃってなかったし、今後もクツなんて買うもんかと思っていたので最初は裸足でやってみました。

そしたら、、

イカ太郎

体育館のフロアに足裏が貼り付いて痛すぎる…

仕方がないので、クツを履いてやっています。

唯一持っているこのクツで。

created by Rinker
Vibram FiveFingers(ビブラムファイブフィンガーズ)
¥14,390 (2019/01/22 05:46:32時点 Amazon調べ-詳細)

5本指シューズ・ファイブフィンガーズです。

 

使ってみるととてもいい。

  • 軽い
  • ダイレクトな接地感がある
  • 素足感覚
  • 動きやすい

でもデメリットもあって、

  • バッシュより滑る
  • ヨコの動きに弱い
  • バスケをすると傷むのが早い

 

もともとトレイルラン用に買ったシューズなのでバスケでダメにしてしまったらもったいない。

そう思ったのでバッシュを買うことにしたのです。

 

バッシュを買った

バッシュを探す上でこだわったポイントは以下の2つ。

  • ローカット(足首を自由にしておきたい)
  • 安い(週一のバスケで使えればいい)

 

そうして買ったのがこれでした。

レブロンウィットネス3。

アマゾンで7560円。

安いのにカッコいい!

 

そして届いた。

 

うれしくていそいそ箱から出して履いてみました。

ワクワク♪

 

そしたら、

イカ太郎

キツイ、窮屈、地面の感覚がない…

 

大失敗

地獄の履き心地でした。

クツってこういうもの?

ずっと裸足で過ごしてきたら耐え難くなってるだけ?

合わせて読みたい?

裸足で1年過ごしてわかった4つのこと

 

 

「こんなん履けるか〜!」と思って返品申請をしたら、

販売店

返品のできない商品です

 

どうすんだよ、これ…

 

さっきまで輝いていたシューズがゴミにしか見えなくなった瞬間でした。

とりあえず見るのもつらかったのでそっと箱にしまい、目のつかないところに放置しました。

ガッカリしすぎて風邪ひきました。

 

何とか履けないだろうか?

ひと晩寝込みました。

うなされながらずっと頭の中で考えていたこと、それは、

「何とか履けるようにできないだろうか?」

 

メルカリで売ることも考えたんですが、面倒だし金銭的にも損するし全然いいことない。

それなら何とか履いたほうがいい。

 

元気をなくして風邪をひいても全然いいことないです。

それなら前向きに考えたほうがいい。

「もしかしたら裸足に慣れすぎてクツの窮屈さに過敏になっているだけかもしれないじゃないか」

 

「ちょっと我慢して履いてればクツが伸びて足に合うかもしれないぞ?」

 

「サラリーマン時代、理不尽なことがあっても我慢してきたじゃないか」

 

「それに比べたら窮屈なクツを履くことぐらいなんてことないだろ!」

そんな気持ちがムクムクと湧いてきたので、くつ下を探して再度挑戦!

そしたら、、

 

イカ太郎

やっぱり地獄の履き心地だ…

 

また落ち込む。

でもちょっと経つとまた前向きな気持ちが湧いてくる。

「もうちょっと我慢して履いてみよう」

 

「シューズが伸びるかもしれない」

 

ちょっと我慢して履いていたら窮屈さに慣れてきました。

人間には適応能力があるんですね。

「そうだ!社畜時代を思い出すんだ!」

 

「あれはあれで幸せだったはずだ!」

幸せであるために人は時に自分にもウソをつく。

 

意外な解決方法

でもね、ここで奇跡が起きたんですよ。

ひらめいた。

「もしかして、インソール取ったらキツくなくなるんじゃない?」

 

外してみた。

 

そしたら、

イカ太郎

めっちゃフィット!地面の感覚もある!

 

感動しました。

 

スポーツカーをチューニングするようにバッシュも身体もチューニングしよう!

車には2つの方向性があると思います。

  • 路面感覚がないくらいサスペンションがフワフワのラグジュアリーカー
  • ダイレクトな路面接地感を必要とするスポーツカー

 

ファッションとしてバッシュを使うならラグジュアリーカーでもいいでしょう。

でもスポーツ用としてバッシュを使うなら?

もちろんスポーツカーにチューニングする必要がありますね。

 

バッシュのインソール取り外しはそういう意味があると思いました。

クイックネスを求めるならないほうがいい。

 

カラダのクッションを養う方法

インソールがないとクッション性が失われる?

実はインソールのクッション性にはこんなデメリットがあることが知られてきています。

  • 不安定
  • 横滑りする
  • 地面の情報が伝わらない
  • 足のアーチの支持効果が損なわれる

クツに頼るより自分の身体というクッションを使えるようになったほうがいいようです。

 

ランニングシューズが生まれ、クッション性のあるクツが生まれてから増えた膝や腰の故障。

それをランニングメーカーNIKEが認め、開発&発売したのがナイキフリーという裸足感覚ブランド。

現在はナイキだけでなく、ニューバランスやアディダスといったメジャーなメーカーがこぞって裸足感覚ブランドを作っています。

  • ナイキ → ナイキフリー
  • ニューバランス → ミニマス
  • アディダス → ビュアトレーナー
created by Rinker
NIKE(ナイキ)
¥9,070 (2019/01/22 07:20:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

この流れのきっかけを作ったのが世界で爆発的に売れたこの本。

クツを履いたことで人間が失ったもの、裸足で走ることで得られるものについて書かれています。

イカ太郎

身体のクッションを取り戻したくなったらぜひ読んでみてね!

Kindle Unlimitedなら無料で読めます