裸足じゃないと鍛えることができない独特な筋肉の部位がある

 

裸足ランニングをはじめた頃、僕はそれなりに運動をしている人でした。

ジョギングだけでなく、バスケも。

 

しかし裸足で走り始めると体中が痛くなりました。

それまでシューズで吸収していた衝撃を体全体で吸収しなければならなくなったからだと思います。

 

初裸足ランによる全身の筋肉痛の中で一か所、これまでに経験したことのない部位が筋肉痛になりました。

それがここです。

しかもこの筋肉痛は、他の部位の筋肉痛がなくなったあとも長く続きました。

 

この部位が筋肉痛になった経験ありますか?

僕はありません。

バスケットボールでジャンプしまくってた時もこの部位は筋肉痛になりませんでした。

筋肉痛になるのはもう少し上。

ふくらはぎの部分ですよね。

 

今まで何人かの裸足ランナーさんにこの経験を話してきましたが、皆さん経験済みでした。

この部位こそが裸足にならなければほとんど使わない筋肉なのだと思います。

そしてこの筋肉こそが走る時の衝撃を吸収するためのキモなのです。

 

シューズによる衝撃吸収ではなく、体で衝撃吸収してみたい?

それならぜひベアフットランの世界に飛び出しましょう!

 

ベアフットランニングに興味が出たのなら

世界のランニングシーンを、ランニングシューズの常識を根本から変えた一冊。

 

裸足にとどまらず、多くのトピックを取り上げている。自分のカラダのポテンシャルを実感したいすべての人に。

 

BORN TO RUNの最初の方で出てくるブロンコ、走る民族・タラマウラ族に「白い馬」と尊敬の念を込めて呼ばれた孤高のランナーのどこまでも純粋な生きざま。ぜひ読んでみてもらいたい一冊。